竜王戦第4局対局場「吉川屋」

竜王戦第4局は、福島市の「吉川屋」で行われる。→中継

奥飯坂穴原温泉に位置する「吉川屋」は、勇壮な断崖と摺上川渓谷が織りなす美しい眺望が広がり、自然に抱かれた安らぎが得られる老舗和風旅館だ。

〔吉川屋の料理〕

吉川屋の料理長は隈本辰利さん。隈本さんは関西で料理の修業をしている。

素材本来の味を生かした目にも舌にも美しく楽しい料理を 「温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに」 出す、というこだわりを貫いている。

福島牛ステーキ

福島牛ステーキ膳

福島牛すき焼き鍋(大鍋)

あんこう鍋(大鍋)

会津産桜刺し

また、和風レストラン「まつかぜ」のおすすめメニューは次の通り。

豚しょうが焼丼 ¥840

山菜おろしそば ¥630

そば(うどん)セット ¥840

〔昼食予想〕

渡辺明竜王は第3局、「ポーク丼」の連採で敗れている。

北海道の十勝で行われた昨年の竜王戦第3局でも「豚丼」を連採して敗れている。

これは羽生二冠にも見られることだが、敗れたままにはしておかないのが勝負師の意地。

今回、渡辺竜王は、あえて豚系の丼を注文しt勝ちに行くのではないかと思う。

そういうわけで、予想は次の通り。

渡辺明竜王

一日目 豚しょうが焼丼

二日目 豚しょうが焼丼

丸山忠久九段

一日目 和定食または和食弁当

二日目 うな重

タイトルとURLをコピーしました