2016-10-26

随筆

田丸昇新四段(当時)「山田先生は今天国で何をなさっているのだろう」

将棋世界1972年5月号、田丸昇四段(当時)の随筆「独り言」より。 ”この七年間何をやってきたのだろうか”  酒井君との運命の決戦を終えた夕方、喫茶店で一人コーヒーをすすっていると思わず口に出た。興奮と虚脱が入り混じってそれ以上は言...
読む

木村一基五段(当時)が綿々と嘆く

将棋世界2000年12月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。  勝又五段や飲み友達を探していた木村五段が帰り、控え室はひっそりしてきたが、夕方ころは賑やかだった。  丸山名人、藤井竜王、島八段などのスター棋士の対局があっ...
タイトルとURLをコピーしました