2016-11-09

読む

行方尚史六段(当時)「始発を待つあいだ東京体育館のベンチで泣いた」

将棋世界2001年5月号、行方尚史六段(当時)の昇級者喜びの声(C級1組→B級2組)「それぞれに歩いてゆく」より。 「将棋で食っていけるのは不思議なことだ、このクラスで確実に上がれる自信はいまもない、勝つことに懐疑的だった、データに染まっ...
タイトルとURLをコピーしました