2016-11-03

読む

大崎善生さん「『聖の青春』の最後の一行を書き終えた日の午前5時、急に涙が溢れそしてそれは止まらなくなってしまった」

将棋ペンクラブ会報2000年秋号、将棋ペンクラブ大賞受賞の大崎善生さんの「第12回将棋ペンクラブ大賞受賞のことば」より。 別れの儀式   昨年の正月、つまり1999年の正月、突然に私は「パイロット・フィッシュ」という題名の一編の小説...
タイトルとURLをコピーしました