2016-11-18

読む

真部一男八段(当時)「しばしの別れ、さようなら」

将棋世界1998年10月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。  その報せを受けたのは、8月10日午後9時過ぎだった。行きつけの酒場の女将が、常連客が話題にしているのを聞いて連絡してくれたのだった。村山君もその店には二、三度行ったこ...
タイトルとURLをコピーしました