2016-11-16

読む

原田泰夫八段(当時)「一局指しただけでは本当のことは分かりませんが、羽生君は筋のよい将棋のように感じました」

将棋世界2001年2月号、田辺忠幸さんの「羽生善治の軌跡 第2回」より。  羽生との最初の接点は20年前、昭和56年にさかのぼる。翌年、小学館から発刊の運びとなった原田泰夫・田辺忠幸共著の子供向け入門書「将棋初段への道」の教材の一つに、原...
タイトルとURLをコピーしました