2016-11-11

読む

先崎学七段(当時)がいつも負けてしまう継ぎ盤

将棋世界2000年3月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。  東京の控え室は、今日も中原対先崎戦である。例によって先崎君が素早い手つきで片っぱしから並べ、寸評を言うと、だいたい中原さんがそれにうなずく。  夜戦に入るころ...
タイトルとURLをコピーしました