「怒っている人に正論を言ってもダメですよ」

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログに寄せられたのコメントより。

2012年9月、近代将棋を創業した永井英明さんが亡くなられた時のコメント。

永井英明さんに初めて会ったのは、四十年ほど前になるでしょうか、関東大学将棋連盟の幹事をしていました私めが、学生将棋の大会結果や原稿やらを当時小田急線の豪徳寺駅近くにあった近代将棋編集部に持っていったときのことだったと思います。
それまでに何度か同様の用事で編集部に出入りしていました私めは、密かに近代将棋に入れてもらいたいと思っておりまして、この機を逃してなるものかとばかり、いきなり永井さんに「近代将棋の編集部に入れてください」とお願いしたのでありました。いきなりのお願いに永井さんはさすがに少し驚いたようでしたが、やんわりと丁寧に応対してくれまして、
「あなたなら、もっといいところに就職できるでしょうに」とは言われましたが、どうもはっきりと断られてはいないようだなと勝手に判断した私めは、さっそくまずはアルバイトでお願いすることにして、そのまま翌年の春から首尾良く正社員の道へとなだれこんだのでありました。
バイトをしているときに、豪徳寺駅前の住吉(居酒屋です)にて、森敏宏編集長から「中野君。永井社長はね、去る者は追わず来る者は拒まず、なんだよ」と教えてもらったときは、やったーっ、下手なてっぽも一発で当たることがあるんだ、ってなもんで、嬉しさのあまりついつい大飲みしてしまいました。
入ってしばらくして永井さんに教えてもらったことで今でもしかと心にあるのは「怒っている人に正論を言ってもダメですよ」です。どうも私めは、今ではそうでもありませんが、若いころはかなり理屈っぽいところがあったようで、正しいことが百パーセントの正義である的な脳味噌をしておりました。永井さんはそんな私をしっかり見ていてくださり、的確なアドバイスをしてくれたのでしょう。
あ、それと「生きていれば、必ずいいことがありますよ」というのも。

—————

中野さんは立教大学を卒業後に1974年に近代将棋に入社。

1985年頃、近代将棋の経営が少し苦しくなった時期があった。

永井英明社長は日本将棋連盟のある理事に「社員を一人、職員として採用してもらえないものか」と内々の打診を行ったところ、「中野さんを指名しても良いのか」との理事からの内々の回答。

永井さんは「こちらから無理にお願いをしていることだから、誰を指名されても構いません」。

そういうことで中野さんの日本将棋連盟への移籍が決まった。

中野さんは将棋世界編集部、そして書籍課で活躍をされた。

—————

1996年、近代将棋が経営危機となって、永井さんは近代将棋の経営を引き継いでくれるところを探していた。

「近代将棋に何かあった時には真っ先に駆けつける」と考えていた中野さんは、田中寅彦九段などとともに近代将棋の経営を引き受けることとなる。

しかし、誌面を初級者向けに刷新したものの、部数を急激に伸ばすことは難しく、間もなくナイタイグループが近代将棋の経営を引き継ぐことになった。

社長兼編集長だった中野さんは、役員ではなくなったものの、その後も編集長として近代将棋を作り続けた。

—————

「怒っている人に正論を言ってもダメですよ」

たしかに、もの凄く説得力のある言葉だ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました