第59期王位戦第1局対局場「ホテルフォレスタ」

菅井竜也王位に豊島将之八段が挑戦する王位戦、第1局は愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

ホテルフォレスタ」は株式会社トヨタアメニティ(トヨタ自動車株式会社100%出資会社)が管理・運営しているリゾートホテル。

icon

〔過去の注文実績〕

過去のタイトル戦での「ホテルフォレスタ」での注文実績は次の通り。

(「将棋棋士の食事とおやつ」のデータより)

羽生善治竜王
2017年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2016年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2014年棋聖戦 ビーフハンバーグステーキ ◯
2013年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2012年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2011年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ◯
2010年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ◯
2009年棋聖戦 稲庭うどん おにぎり2つ ●
2009年名人戦 ヒレステーキサンド、にぎり寿司  ◯
2008年王位戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ●
2008年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ●
2005年棋聖戦 ハンバーグサンド ◯

斎藤慎太郎七段
2017年棋聖戦 牛ヒレカツカレー ●

永瀬拓矢七段
2016年棋聖戦 にぎり寿司(13貫以上・さび抜き) ●

森内俊之九段
2014年棋聖戦 大えびフライカレー ●

渡辺明棋王
2013年棋聖戦 ビーフステーキカレー(甘口) ●
2007年棋聖戦 稲庭うどん ●
2006年竜王戦 飛騨牛ハンバーグステーキ、肉うどん ◯

中村太地王座
2012年棋聖戦 牛フィレカレー ●

深浦康市九段
2011年棋聖戦 フィレステーキのサンドイッチ ●
2010年棋聖戦 稲庭うどん おにぎり  ●
2008年王位戦 稲庭うどん おにぎり  ◯

木村一基九段
2009年棋聖戦 にぎり寿司 ◯

郷田真隆九段
2009年名人戦 にぎり寿司、飛騨牛ハンバーグステーキ ●

佐藤康光九段
2008年棋聖戦 肉うどん おにぎり1つ ◯
2007年棋聖戦 肉うどん おにぎり2つ ◯
2006年竜王戦 肉うどん、握り寿司 ●
2006年棋聖戦 肉うどん ◯
2005年棋聖戦 ハンバーグサンド ●

鈴木大介九段
2006年棋聖戦 肉うどん ●

〔昼食予想〕

菅井竜也王位は、昨年の王位戦七番勝負と同様、今年もバラエティに富んだメニュー選択になると予想される。

豊島将之八段はご飯系中心が見込まれる。

予想は次の通り。

菅井竜也王位
一日目 飛騨牛ハンバーグステーキ
二日目 ビーフステーキカレー

豊島将之八段
一日目 うな重
二日目 牛ヒレカツカレー

 

初心者のための将棋教室(NHK文化センター仙台教室)が始まります

NHK文化センター仙台教室で、7月11日から初心者の方のための将棋講座を担当させていただきます。

  • 駒の動かし方を覚えたばかりでスマホなどで将棋を指しているけれども、なかなか勝てない方
  • プロ棋士の対局を観るのが好きだけれども、指す手の意味や戦法のことをもっと知りたい方

のための講座です。

基礎を学ぶことに加え、観戦記を通してプロの将棋、プロ棋士の魅力に触れる時間も設ける予定です。

7月は、今月発売されるNHK将棋講座8月号掲載の私が書いた井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦の観戦記を題材として、行数の関係から観戦記に盛り込むことができなかったエピソードなども加え、解説をさせていただく予定です。(NHK将棋講座8月号は、受講者の方にお配りします)

NHK文化センター仙台教室の講座のページの似顔絵はバトルロイヤル風間さんに描いていただきました。

* * * * *

〔講座の内容  回数:6回〕
・先を読む力を身につける(一手詰、三手詰)
・8枚落ちで勝つ
・6枚落ちで勝つ
・初歩の基本手筋
・平手の代表的な序盤の指し方
・各戦法のオリエンテーション
・観戦記を読みながらプロの将棋を楽しむ
・棋士のエピソード
・指導対局 など

ご興味のある方は、ぜひ教室にご参加下さいますと嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

※同じ内容で2つの時間帯で開講します。詳細については下記のリンクからNHK文化センターのホームページをご覧ください。

初心者のための将棋教室(午後)

開催期間 2018/07/11~2018/09/26
第2・4水曜 15:00~16:30

初心者のための将棋教室(夜)

開催期間 2018/07/11~2018/09/26
第2・4水曜 18:30~20:00

子供向けの教室もあります。

こども将棋(回数:6回)

開催期間 2018/07/07~2018/09/29
第1・3土曜 10:00~11:30 が基本ですが詳細な日程はリンク先をご覧ください。

 

内藤國雄九段「棋士は25歳が最高であるという調査結果が出たのは何年前であったか」

将棋世界2004年1月号、内藤國雄九段の「一手啓上」より。

 2000年だ、ミレニアムだと胸ときめかしたのはつい昨日のことのような気がするが、はや2004年を迎える。歳月の流れの速さには今更ながら感心する。夜空にはこの9月に6万年振りに最接近した火星が今も一際明るく輝いている。同じ火星を眺めたであろう6万年昔の人類のこと、またこれから6万年後に眺めるであろう人類のことを考える。6万年の振れはあっても、人間の思うこと、考えることはさして変わらないのでは、という気がする。

 恐竜は2億年という長さを生きた。それに比べると人類の歴史など何程のものでもない。

 時間とは一体何であろうか、新しい年を迎える度にいつもこのことを考える。時間というものは、さまざまな顔を見せながら確実に歩みを進めていく。6万年後のことなど知ったことではないと言っても、それは確実にやってくる。我が身は存在しなくても、その時は必ずやってくる。

 棋士は25歳が最高であるという調査結果が出たのは何年前であったか。現在のタイトル者、順位戦A級、竜王戦本戦出場棋士の年齢を私流に大ざっぱに計算したところ36~37歳という結果が出た。おかしいことに25歳最高説も歳をとっていくのである。時間よ止まれとどんなに願っても止めることはできない。人生の持ち時間が切れるその日まで、自分なりの充実を求めて生きていきたいと思う。

* * * * *

まさしく、羽生世代棋士の年齢が上がっていくとともに上がっていく○○歳最高説。

ものすごい世代であることがわかる。

* * * * *

今年の7月31日に火星が5759万kmまで大接近するが、この2003年(8月27日)の大接近のときは、5576万kmという距離だった。

今年は15年前よりも183万km遠いわけで、大接近とは言っても2003年にはかなわない。

ちなみに183万kmは、地球と月の距離の4.76倍なので、かなりな差がある。

* * * * *

「時間よ止まれとどんなに願っても止めることはできない。人生の持ち時間が切れるその日まで、自分なりの充実を求めて生きていきたいと思う」

言われてみると非常に説得力のある言葉だ。

特に人生の場合は、持ち時間が切れても秒読みはないわけで…