NHK将棋講座2018年8月号「井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦」観戦記

一昨日は、NHK将棋講座2018年8月号の発売日。(今日が発売日と勘違いしていました)

◯表紙は羽生善治竜王のイラスト。

○佐藤紳哉七段の講座「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」、8月のテーマは「得意戦法を持とう」。第1週は破壊力抜群の棒銀、第2週は守備力が高い矢倉、第3週はバランスのいい四間飛車、第4週は強気に攻める石田流三間飛車。初心者にもわかりやすいように、見事に決まる成功例を中心に解説されています。

◯後藤元気さんの「渋谷系日誌」は、NHK杯戦での「弟子の対局と師匠の解説」と「師匠の対局と弟子の解説」について。この号に自戦記、観戦記が掲載されている4局のうちの3局、井手隼平四段-近藤誠也五段戦の解説が井手四段の師匠の田丸昇九段、永瀬拓矢七段-高野智史四段の解説が高野四段の師匠の木村一基九段、井上慶太九段-糸谷哲郎八段の解説が井上九段の弟子の船江恒平六段ということから、それぞれの微笑ましいエピソードが紹介されています。また、藤井聡太七段の昇段スピードに扇子の段位が追いついていなかった頃の、羽生善治竜王が名人戦第2局の打ち上げの席での雑談で出した妙案についても書かれています。

○段・級位認定 次の一手問題

○将棋連盟からのお知らせ

○女流棋士会からのお知らせ

○日本女子プロ将棋協会からのお知らせ

○「重箱のスミ」クイズ

○テキスト感想戦

○付録は、「船江恒平のホップ ステップ ジャンプ 4手詰め!」。後手玉が王手をされた状態から始まる船江恒平六段の新機軸の詰将棋。解いてみようという気持ちが強く起きます。

〔NHK杯戦観戦記〕

◯1回戦第9局 井手隼平四段-近藤誠也五段

「生涯の課題」 自戦記:井手隼平

◯1回戦第10局 永瀬拓矢七段-高野智史四段

「緊張の中の再戦」 自戦記:高野智史四段

◯1回戦第11局 井上慶太九段-糸谷哲郎八段

「面白い作戦やね」 観戦記:私

◯1回戦第12局 佐藤慎一五段-森内俊之九段

「盤石の勝利」 観戦記:岩田大介さん


今月号には私が書いた観戦記(井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦)が掲載されています。

井上九段の模様が良かった将棋でしたが、勝ちを逃す手があって、糸谷八段が逆転をした一局。

感想戦の模様、後日の両対局者の談話、5月に行われた森信雄七段一門祝賀会で兄弟子の山崎隆之八段が糸谷八段について語ったこと、井上九段の祝辞、などを盛り込んでいます。


対局前の控え室では、富岡製糸場で行われる叡王戦決勝七番勝負第4局の大盤解説を担当することになっている糸谷八段が、終局時刻が遅くなった場合、どうやって翌日午前中から開催される大阪でのイベントに間に合うように上州富岡→高崎→東京→新大阪を移動すればよいのか、解説の船江恒平六段に相談していました。

対局前の振り駒では、振り歩先の譲り合い(上座の譲り合いと同等)がありました。井上九段が譲ろうとして、糸谷八段が恐縮しながら懸命に「先生、それはいけません」とおしとどめて、元通りの井上九段の振り歩先となりました。

感想戦では、井上九段の「賢いな、あんた」「二歩打ったらあかんぞーと思っとって…またテレビ出たらいかんぞー」などの井上九段らしい面白い会話がありました。

井上九段と糸谷八段といえば、糸谷3級時代の駒台置き間違え反則負けのエピソード(→糸谷哲郎3級(当時)の伝説、稲葉陽5級(当時)の伝説)があります。井上九段に確認したところ、落ち込んでいる糸谷3級に「プロになったら、これが伝説になるんやから、よかったやないか」と言ったことは覚えているということでした。

これらのことは、当初は観戦記の中で触れようと思っていたのですが、全体の流れや行数の関係などから、残念ながら盛り込むことはできませんでした。

逆に言えば、このようなエピソードを入れることができなかったほど、トピックスが豊富だった一局だったということになります。

NHK将棋講座2018年8月号、ぜひご覧ください。

 

NHK 将棋講座 2018年 8月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

森雞二ワールド

将棋世界2004年5月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

森将棋の真髄

1982年6月17日
第40期棋聖戦五番勝負第1局
▲八段 森雞二
△棋聖 二上達也

▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀▲5八飛△4二玉▲4八玉△3二玉▲3八玉△1四歩▲1六歩△5二金右(1図)

 第37期、米長棋聖に挑戦した二上は、1敗の後、3連勝で棋聖位を奪取すると、第38期、39期と中原誠、加藤一二三の挑戦を共に3連勝無敗という完全スコアで防衛し目下3連覇9連勝の凄い成績であった。森は第30期に大山に挑んで以来、棋聖戦2度目の登場である。

 森の得意戦法は中飛車で「中飛車好局集」という著作もある。

(中略)

2図以下の指し手
▲8六歩△同歩▲同飛△同飛▲同角△6五歩▲8二飛△6六歩▲5八銀△8八歩▲7七桂△8九歩成▲6九歩△9九と(3図)

 機は熟したと見た先手は▲8六歩から果敢に打って出る。

 だが、後手に強く飛交換に応じられ△6五歩と突かれてみると、どうも形勢は先手側に思わしくない。

 というのは▲5八銀の局面で後手に軽手があったからだ。△8八歩がそれである。ひと目映る手は△8八歩で△6七歩成▲同金△9九角成であるが、それなら以下▲7七角△同馬▲同桂となり、次に桂を取れる形なので先手も指せる。

 だが△8九歩成の局面は次に△8八と▲同金△6八飛がある。おそらくこの筋を先手は軽視していたのだろう。

 ▲6九歩はつらい辛抱でここから森の苦難が始まると共に、独特の森ワールドが展開されてゆく序章でもあった。

3図以下の指し手
▲8一飛成△8九飛▲6五桂△6四銀▲4一竜△同銀▲8八金打(3-1図)

 森流の太鼓が鳴り出した。

 まず▲6五桂△6四銀と利かし、バサッと竜で金をむしり取り、返す刀で▲8八金打(3-1図)と敵飛を捕獲する。

 形も何もあったものではない、まるで野武士かゲリラの奮闘ぶりだ。

3-1図以下の指し手
△6七歩成▲8九金△5八と▲同金△6六飛▲7九金寄△8六飛(4図)

 対照的に二上はあくまで筋良く単に△6七歩成。▲5八同金の場面での先手陣は愚形というか珍形というのか何とも名状し難い様相を呈している。

 この状態が最後まで続くのだ。

 △6六飛はいかにも華麗で二上らしいのだが、平凡に△6五銀と桂を取り、▲6一飛△3二銀打▲6五飛成△8九とで大差であった。

4図以下の指し手
▲6一飛△5一香▲6四飛成△6三銀▲7三竜△7二歩(4-1図)

 ▲6一飛からようやく銀を取り返したが、△7二歩(4-1図)でその竜が死んだ。

 ところが、そこで何と▲8七銀(4-2図)と打ちつけたのだ。

 △8一飛には▲8二歩、△8五飛には▲7六銀△8六飛▲8七銀の千日手狙い。要は竜を救出する目的のみの僻地への銀の投入なのである。笑わば笑え、こうしなければすぐに負ける。俺は簡単には参らんぞ!という森の強い意志が打たせた感動の一手ですらあるのだ。

4-2図以下の指し手
△6六飛▲8四竜△6五飛▲6八金左寄△8九と▲同金△7七角成(5図)

 だが、ポロリと桂を取られ、形勢はいかんともし難い程離れてしまった。

 対して二上は△7七角成とまことに格好良い、▲同金は△6九飛成まで。

5図以下の指し手
▲7九金△5五馬▲4八桂△3二玉▲7六銀△6四飛▲8六竜△3五歩▲6七銀△4五馬▲8三歩(5-1図)

 あまりの良さに知らず二上は気がゆるんだのかもしれない。△3二玉では△7三馬▲8一竜△7五飛が分かりやすかった。

 昔、バーブ佐竹の”女心の唄”に「いつか来る春、しあわせを望み捨てずに一人待つ」という歌詞があったが、なぜか▲8三歩を見て、その唄を思い出した。

 森将棋には演歌が似合う、二上将棋はクラシックか。

 そして実際、この歩がしあわせを呼び込むことになろうとは…。

5-1図以下の指し手
△5五歩▲8二歩成△2五歩(6図)

 △5五歩では変な手だが△7三角として▲8二歩成△8四飛が良かったらしい。

6図以下の指し手
▲4六歩△3四馬▲9一と△1五歩▲6六香△9四飛▲6三香成△同金▲1五歩△6四飛▲8一と△1二香打▲7一と△1五香(7図)

 勝負に大切なのは、相手の云いなりにならず反発する精神だ。△1五歩に▲6六香と反撃し、銀をはがしてから▲1五歩と戻す。そして、▲8一とから▲7一ととにじり寄って行く。こうした手が相手の焦りを誘うのである。

7図以下の指し手
▲同香△同香▲4五銀△2四馬▲6一と△1九角▲3九玉△1八香成▲4九玉△2八角成▲4七銀△6五香▲6六香△同香(8図)

 ▲4五銀と後手玉の上部を押さえ、▲6一とで遂にあのと金が間に合ってきた。だが先手陣△1九角から△1八香成で右翼は完全に崩壊した。頼みは左翼に固まっている金銀の山。

 打ち明けると、この将棋を指し手の善悪で判断するのは私には難しい。

 芹沢博文がこの将棋を30回にわたって観戦記を書いたのも当時話題になったのだが、手元にその資料がないのが残念だ。

 △6五香が疑問で▲6六香から森にもチャンスが芽生えたようだ。

8図以下の指し手
▲同銀△6五歩▲同銀△同飛▲6七香△6四香▲6五香△同香▲5一と△6四香▲4一と△2九成香▲5九玉△2七馬(9図)

 △6五歩に▲同銀が強手だった。△同飛に▲6七香で飛車の捕獲に成功する。

 だが▲6九歩の底歩がタタリ△6四香のお代わりがきびしく、形勢は接近したものの、まだ逆転にまでは至っていなかった。▲5一とに△同馬と払っておけば、依然後手の優位は続いていたのだが、あれほど大差の将棋をここまで追いつかれては平常心でいられはしない。

 △6四香はさすがの二上も堪忍袋の緒が切れたといった観がある。

 それと、後手玉は危ないようでも左上から上部に逸路が開けていて、まだ大丈夫と思えたのかもしれなかった。

 しかし、ここでは逆転していたのだ。

 9図から森の放った一手が、二上を奈落の底へ突き落とす。

9図以下の指し手
▲1五香△4一玉▲8一竜△5一桂▲3八銀打△6七桂▲同金右△3八馬▲同銀△6七香成▲8五角△5二銀▲2二飛△3三馬▲5二飛成△同玉▲6三角成(最終図)
まで、143手で森八段の勝ち。

 ▲1五香が絶妙の決め手であった。

 △同馬は▲1二飛。△4一玉と下へ逃げるようでは、もういけない。ただ▲3八銀打では▲2二飛とすれば、
この手が▲3二銀△5二玉▲7二竜△6二歩▲4三銀成△同玉▲6三竜以下の一手スキなので決まっていた。本譜は▲8五角が詰めろ逃れの詰めろで決定打となった。

 最終図からは△6三同玉は▲6一竜以下、△6三同桂は▲4一銀以下の即詰となっている。

 森はその個性を縦横に発揮し本局で奇勝を博した。さらに続く第2、3局をも連勝して3勝0敗で初の棋聖位に輝いたのである。

* * * * *

竜を切って、取った金で自陣にいる敵の龍を殺す▲8八金打(3-1図)は、昨日の記事の▲9四銀と同じく、嬉しくなるほど野蛮な手順だ。

* * * * *

3図の1手前の▲6九歩、5-1図の▲8三歩は、まさに演歌調の一手。

真部一男八段(当時)の「昔、バーブ佐竹の”女心の唄”に『いつか来る春、しあわせを望み捨てずに一人待つ』という歌詞があったが、なぜか▲8三歩を見て、その唄を思い出した」があまりにも絶妙な表現。

* * * * *

森雞二ワールド全開のこの一局は、芹沢博文八段(当時)が30回にわたって観戦記を書いている。

面白い手がたくさん出てくるので、30日観戦記にはピッタリな内容だったのではないだろうか。

もちろん、芹沢九段のことだから、対局とは直接関係のない情景も含まれていたということだが、この観戦記は当時の産経新聞の縮刷版でなければ見ることはできない。

* * * * *

この真部八段の「将棋論考」の前段も面白い。

真部一男八段(当時)が語る森雞二九段