2018-07-12

読む

「棋士の登山は一緒に下山しない」

将棋世界2005年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。  3階の事務室に寄ると、居合わせた西村九段に「薬師岳へ行ったそうだね」と声をかけられた。 「僕も、飛騨側から入り、大縦走で行ったことがある。40年も昔の話だがね...
タイトルとURLをコピーしました