「今度、部屋を借りたんだけど、来ない?」

将棋マガジン1987年7月号、塚田泰明七段(当時)の「史上最短の四間飛車撃破」より。

 4月の、ちょっと寒い日の夜、ある女性と会う。

 待ち合わせは、とある高層ビルのエレベータの前。

 僕が定刻に行ってみると、彼女は受話器に向かって話をしていた。

「誰に電話しているのかな?」

 そんな事を思いながら声を掛ける。

 エレベータは一目散に29階へ。

 このエレベータはガラス張りになっている外が見える。なのに彼女はうつむいたまま。

「どうして下向いてるの?」

「エレベータ嫌いなの」

 彼女はエレベータが苦手らしい。

 食事は彼女が前に、好きだと言ったお寿司にする。

 でも彼女の箸はあまり進まない。

「どうしたの、疲れてるの?」

「ううん、そんな事ない」

 少し飲んだビールも、ちょっとは勇気の足しになったのか、

「今度、部屋を借りたんだけど、来ない?」

 と、高層ビルを出たあたりの時に、思い切って言ってみた。

 短いはずの、とても長い時間の空白。

「実は前から、言わなきゃいけないと思っていたんだけど……」

 と彼女。

「昔から付き合っている人がいて、多分その人と今年中に結婚すると思う」

 突然、何が何だか分からなくなる。

 彼女は彼の事を話し始める。僕も、聞いたりしているが、その間、二人の足は、もちろん僕の部屋ではなく、彼女の帰るための駅へと向かっている。

「今まで黙っていてごめんね」

「ううん、別にいいよ」

 言いながら、心は大きく揺れている。

 それでも、最後の優しさのつもりで、彼女を改札口まで送る。

「幸せにね」

と、とって付けたような台詞。それが二人の別れの言葉。

 彼女が、次第に僕の前から遠ざかっていく。そして、その後ろ姿も、都会の雑踏の中に。いつの間にか消えていく―。

 と、いうところで目が覚めた。

「ああ、そうか、夢だったのか。良かった……」

 そういえば、彼女の顔が、今だに浮かんで来ない。

 単なる夢だったのか、それとも違うのだろうか。

(以下略)

* * * * *

これが夢だったのか、あるいは現実にあったことだったのかは別として、いろいろと調べた結果、このビルは新宿NSビル (地上30階、1982年10月竣工、エレベータがガラス張り)と思われる。

新宿NSビルの29階には、現在「すし屋 銀蔵」があるが、2012年開店なので、その頃は違う寿司店だったということになる。

この頃の塚田泰明七段(当時)は新宿のマンションに住んでいた。

* * * * *

「昔から付き合っている人がいて、多分その人と今年中に結婚すると思う」

二人のそれまでに関係にもよるが、突然、このように言われたら、ほとんどの人が何が何だか分からなくなるだろう。

夢であっても現実であっても、切ないことに変わりはない。

* * * * *

個人的な話になるが、最近、ある特定の科目(微分方程式論であったり化学であったりする)が全く理解できなくて、大学の卒業を断念するという夢を複数回見ている。

悲恋の夢でもいいから、もっと潤いのある夢を見たいものだと思っている。

コメントを残す