2019-03-20

読む

「二人で負ければ怖くない」

将棋マガジン1987年1月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  米長と谷川を見て、私はあることを思い出し、冗談めかしていった。 「今度両先生は、羽生天才に力を試されるようですな」  明日、谷川は羽生と対戦...
タイトルとURLをコピーしました