2019-05-23

絶妙手

「将棋指しは、なにがあろうと、勝ってさえいれば仕合わせな人種である。負けては、女性にもてても、金をもうけても、子供が生まれても、名声を得ても、おもしろくない」

将棋マガジン1991年2月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。  A級順位戦の、谷川-真部戦はとっておきの一局。 (中略)  ▲6一飛と打って金取り。誰もが△5二銀と受けると思った。 21図からの指し手 ...
タイトルとURLをコピーしました