2019-09-01

インタビュー・対談

「羽生や森内が負け、といっても2、3番だけれど、負けた時期があって、どうしてかと調べたら、試験勉強中だったんだね(笑)。あの子らは試験が敵なのかなと」

昨日からの続き。 将棋世界1988年2月号、河口俊彦六段(当時)、石堂淑朗さん(脚本家)、読売新聞の山田史生さんによる「特別企画・新春辛口座談会」より。 司会 それそろ今年の事を占っていただきましょうか。 山田 南が頭角を現し...
タイトルとURLをコピーしました