2019-09-08

読む

「何とでもなるんだから、いつやめたっていいんですよ」

将棋世界1988年5月号、五十嵐豊一九段の「現役引退の弁」より。  順位戦で6連敗を喫した日、私は現役からの引退を決意した。遅きに過ぎた決断だったようにも思う。  近年の惨憺たる私の成績が、目に余るものだったことは間違いない。 ...
タイトルとURLをコピーしました