羽生善治六段(当時)の6割当たった予想

近代将棋1990年2月号、木屋太二さんのアマプロ勝ち抜き戦〔高田尚平四段-天野高志アマ〕観戦記「劇的な幕切れ」より。

「高田さん、10人抜くでしょう」

 羽生六段が言った。

 本誌主催の若獅子戦で羽生六段が優勝した。二上会長、永井社長ら関係者で表彰式、打ち上げを行い、そのあとで新宿でもう一軒という話がまとまった。記者は羽生六段と並んで駅まで歩いていった。冒頭の言葉は、その途中で聞いたものである。

 屋敷君の話もした。ちょうど彼が王将リーグに入ったころで、プロ1年生が凄いものだと私が言うと、羽生六段は、こともなげに、「屋敷君は2勝はしますよ。挑戦者もあるかもしれない」と語るのだった。

 その後、屋敷君は2連勝して王将リーグのメンバーである米長九段から、「今期の挑戦者は屋敷四段で決まり」というコメントが出たりする。この時は羽生六段の眼力にたまげたものだが、屋敷君は3連敗を喫してダウン。そのかわり、棋聖戦で挑戦者になった。やはり羽生六段の見る目は確かだったのである。

(以下略)

近代将棋1989年12月号、第12回若獅子戦決勝〔村山聖五段-羽生善治六段〕表彰の様子。師匠でもある二上達也会長(当時)から。中央は、近代将棋社長だった永井英明さん。

* * * * *

「二上会長、永井社長ら関係者で表彰式、打ち上げを行い、そのあとで新宿でもう一軒という話がまとまった」

この上の写真が撮影された日のことだ。

* * * * *

羽生善治六段(当時)の「高田さん、10人抜くでしょう」。

これは、高田尚平四段(当時)が6連勝中に語られた予想で、結果は7連勝で終わっている。

10連勝までの残り4勝中、1勝だけが当たったので25%予想が当たったと考えることができる。

「屋敷君は2勝はしますよ。挑戦者もあるかもしれない」は、王将戦ではなく棋聖戦の挑戦者になったということで、95%予想が当たったと解釈することができる。

アマプロ勝ち抜き戦と王将戦(棋聖戦)の予想を、乱暴だが平均すると60%の予想的中率だったと見ることができるだろう。

* * * * *

「今期の挑戦者は屋敷四段で決まり」とコメントを出した米長邦雄九段だが、米長九段がこの期の王将戦の挑戦者になっている。そして、南芳一王将(当時)から王将位を奪取している。

なかなか神秘的なコメントだ。

タイトルとURLをコピーしました