2011-08-22

読む

タイトル戦研究家

1990年代後半、研究のためにタイトル戦には必ず顔を出していたのが日浦市郎六段(当時)。 近代将棋1998年3月号、日浦市郎六段(当時)の「市郎の追っかけ観戦記 金銀軍団、怒涛の進撃」より。 一昨年の夏のことである。  ボクは佐藤康光と竜王...
タイトルとURLをコピーしました