見送られた大チャンス

将棋世界2002年10月号、小林香南江さんの「真夏の渋谷で棋士と一緒!」より。

小林香南江さんは女流育成会の出身。

 真夏の大イベント。今年もやってきました、東急将棋まつり。

 一歩、会場に葦を踏み入れてみる。

「すごい熱気だ・・・」

 まだ、10時45分からの開会式までずいぶん時間があるというのに、すでに会場は大賑わいだった。こちらまで、否が応でも気分が高揚してくる。

 さっそく、一日目のプログラムをチェック!

 出場棋士は森内俊之名人をはじめとした豪華メンバー。女流棋士による開幕戦を皮切りに計4局の席上対局の他、指導対局、森内名人・郷田九段によるサイン会、原宿将棋通りのメンバー(山田久美女流三段、中倉彰子女流初段)によるCDサイン会など。ファンの方が参加できる森内名人杯争奪戦や一般勝ち抜き戦も同時に開催される。

 そうこうしているうちに、女流棋士による席上対局の用意が整ったようだ。そこへ解説の森内名人が登場。会場から、「わーっ」と感性が沸き起こる。

 マイクを渡された森内名人だが、何だか落ち着かない様子。「私がこの将棋の解説をするわけですが、一人でというのも寂しいので誰か女性の方、聞き手をやっていただけませんか?」というのが森内名人の提案だったのだが・・・。森内ファンにとっては大チャンス! しかし、会場からは手が上らなかった。「同じことを関西で言ったら、たくさん手が上ったのですが、関東の方はシャイなんですね」と名人は苦笑い。関東の女性将棋ファンの方、来年は恥ずかしがらずに手を上げて下さいね!

—–

これはなかなか難しい問題で、手を上げない気持ちもすごくよくわかる。

例えば、私が大ファンである菊池桃子さんが何かの解説をやっていて、「一人でというのも寂しいので誰か男性の方、聞き手をやっていただけませんか?」と言ったとしても、私は手を上げないだろう。

とはいえ、森内名人の聞き手をできるというのも、一生のうち一度でもあれば凄いわけで、大きなチャンスが見逃されたという感じが強くする。

こういう場合は、将棋が好きであれば棋力に関係なく、乗る一手だと思う。

王位戦第5局対局場「渭水苑」

王位戦第5局は徳島市の「渭水苑」で行われる。→中継

「渭水苑」は結婚式場のある料亭で、元は1977年に16億円の費用で建てられた邸宅だった。

[渭水苑のランチメニュー]

渭水苑の料理は本格懐石料理であり、ランチメニューの城山(2,800円)の例では次のような献立になっている。

国産黒毛和牛のミニッツステーキ

鳴門鯛の刺身

揚げしんじょう など18品

季節の炊き込みご飯

そば米汁

漬物

デザート

品数が多いのが特徴だ。

→渭水苑ランチ自戦記

[渭水苑の昼食実績]

渭水苑での昼食実績は次の通り。

将棋棋士の食事とおやつによる)

2006年王位戦

羽生善治王位 ○

一日目 松花堂弁当

二日目 松花堂弁当(一日目と内容が異なる)

佐藤康光棋聖 ●

一日目 うどん(鳴門若布・刻み京葱・一味)、おむすび2種、香の物、天ぷら(海老、焼鱧、小切茄子、青唐)

二日目

うどん(鳴門若布・白葱白髪) 、おむすび、香の物

2010年王位戦

深浦康市王位 ●

一日目 松花堂弁当

二日目 冷やしうどん、おにぎり(梅)

広瀬章人六段 ○

一日目 天ぷらうどん、おにぎり3個

二日目 親子丼

[昼食予想]

松花堂弁当が美味しそうなので、予想は次の通り。

広瀬章人王位

一日目 松花堂弁当

二日目 うどん、天婦羅、おにぎり

羽生善治二冠

一日目 松花堂弁当

二日目 松花堂弁当