「そうか・・・ で、今日は勝ったん?」

将棋世界2002年6月号、神吉宏充六段(当時)の「関西のことなんでもしゃべりまっせ」より。

 兄妹でプロ誕生! 村田智弘四段と村田智穂女流2級の祝賀パーティーが、4月14日の日曜日、兵庫県高砂市の鹿島殿で百数十人のファンを集めて盛大に行われた。出席した棋士は師匠の淡路仁茂九段を筆頭に、井上慶太八段・久保利明七段・神崎健二七段に私、それにゴルフのプロの高松志門さんが駆けつけた。

(中略)

 そうそう、その淡路先生の祝辞の中で面白い話があったので紹介しよう。

「先日、森下卓八段と話したんですが、最近は勉強する時間が大事だと言ってましたネ。それも7時間・8時間ぐらいの奨励会員はダメなんだと言うんです。毎日最低13時間は勉強せんとアカンのらしいですわ」

 ふーむ、それがホンマやと、朝9時から深夜12時までみっちり勉強しなければならないことになる。隣にいた久保七段に「久保君はパチンコやったら、それぐらい出来るんとちゃう?」とからかうと、真顔で「そんなに出来ませんよ。パチンコ狂みたいじゃないですか! ボクはそんなにパチンコ行ってませんよ」

「そうか・・・ で、今日は勝ったん?」

「負けました」

 この後パーティーも盛り上がって、最後は兄妹から抽選で色紙のプレゼント。

(以下略)

—–

久保七段(当時)のノリが、将棋と同様に非常に軽妙で微笑ましい。

王位戦第4局対局場「門司港ホテル」

王位戦第4局は北九州市の「門司港ホテル」で行われる。→中継

門司港ホテルは、イタリアの建築家アルド・ロッシがデザインしたホテルで、1998年にオープンした。

ホテルの周辺は”門司港レトロ”と呼ばれる観光スポットで、JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などが大正レトロ調に整備されている。

夕陽はこのように見える。心を打つ夕陽だ。

〔ホテル内のレストラン〕

ホテル内のレストランは「メイン・ダイニング ポルトーネ」と「ダイニングバー テンポ」。

「ポルトーネ」コースを中心としたフレンチレストラン、「テンポ」では昼食時に和食バイキングを行っているということなので、あらゆる料理が出てくる可能性がある。

なお、本日(8月9日)の12:00~14:30、「ポルトーネ」で第52期王位戦開催記念特別食事会・ミニトークショーが催される。女性限定(夫婦可)で定員30人(申込順)。参加費は3900円。

「ポルトーネ」で優雅なコース料理を堪能できる。食後は、王位戦の立会人の森下卓九段と女流棋士の藤田綾女流初段が、将棋の魅力や棋士の素顔、王位戦の見どころなどを語る。抽選で、羽生善治二冠にちなんだ扇子がプレゼントされる。

第52期王位戦開催記念~プロ棋士のトークも 門司港ホテルで優雅なランチ 2011.8/9

〔昼食予想〕

今回の予想も難しいが、ポイントとなってくるのは「焼きカレー」。

「焼きカレー」は北九州市のご当地カレーで、昭和30年代の北九州市内の喫茶店が発祥の地とされている。当時、余ったカレーをグラタン・ドリア風にオーブンで焼いたところ、実に香ばしく、美味しく仕上がったので、のちに店のメニューとして出し、好評であったと言われている。

「ポルトーネ」でも「焼きカレー」がランチタイムのみ作られている。

国産牛の旨みたっぷりのルゥとベシャメルソース、半熟玉子、チーズ、バターライスが絶妙のハーモニーを奏でる。 

今回は理屈抜きで予想したい。

広瀬章人王位

一日目 焼きカレー

二日目 天ぷらうどん

羽生善治二冠

一日目 焼きカレー

二日目 シーフードピラフ

(ポルトーネの焼きカレー)