芹沢博文九段、逝く(前編)

将棋マガジン1988年2月号より。

1987年12月9日に亡くなった芹沢博文九段への追悼文などから。

 第1回の「将棋の日」は、昭和50年に、蔵前の国技館で行われた。その、一大イベントの事実上の担当者が芹沢さんで、文字通り東奔西走されていた。当日の国技館は、八千人もの将棋ファンで埋めつくされるという大盛況。その成功があったからこそ、「将棋の日」は今でも続いているのだ。この功績は大変な事と思う。

 後輩の面倒を、よく見る人だった。

 後輩達を集め、将棋を教えてくれた。普通は、弟子にだって教えたがらないものである。そういう意味でも、素晴らしく開放的な人であった。米長九段、勝浦九段らを始め、私を含めて、影響を受けた棋士は数多い。基礎から理論的に、みっちりとたたきこまれた。芹沢さんだから出来た事と思う。

「もう、名人を目指す、という感じではなくなった」と語っていた事があった。それからは、将棋の普及に精力を傾け、テレビ、ラジオ、出版、とあらゆるメディアを通して、将棋の存在を広く世間に知らしめた。

 それも、これも将棋へ対する深い愛情があったからだ、と思う。芹沢さんは、心から将棋を愛していた。

 ご冥福をお祈りします。

 昭和62年12月9日

 名人 中原誠

—–

将棋マガジン1988年2月号、川口篤さん(河口俊彦七段)の「対局日誌」より。

 来るべきときが来た。芹沢が倒れたと聞いて、そう感じた。

 数年前から芹沢には、人生の終点が見えていたようである。それに向かって、恐れることなく歩んで行ったように思える。酒さえやめればいくらでも生きられる体であったが、彼は壮絶なる死に至る道を選んだ。すなわち己の美学に殉じたのである。自分の真の姿を知ってもらえない不満を、死ぬまで持ち続けたろうが、多くの人に愛されたし、やりたいことをやり尽くした人生だった。

 ちょうど三年前、二人で酒を飲んだとき、衰えた彼を見て感傷的な気持ちになり、

「今まで世話になりっぱなしだったが、50をすぎたらオレがお返しをするよ」

 と言ったら、彼は口をゆがめ、

「オレは、お前の3倍生きているんだ、この先長く生きようとは思わん」

 まるで生意気だぞ、と言わんばかりだった。私は、このとき、器量のちがいというものを、痛切に感じさせられた。

 人は何年生きたか、より、どう生きたか、が重要であろう。人は早死にを惜しむが、芹沢は51年、充実した生活を大成したのである。

(中略)

12月8日 

 前日、山口瞳さんのお宅におじゃまして、おそくまで話し込んでしまい、どうせ翌日は取材日だからと、新宿のホテルに泊まった。そして、ゆっくり起きて、ブラブラ将棋会館に来てみると、みんなおろおろしていた。芹沢が危篤状態で、近親者や友人は三宿病院にかけつけたという。

 私も行かなければ、と思ったが、どうしても片付けなければならない雑用がある。それに、夕方には囲碁の観戦記で日本棋院に行かなければならない。

 どうしたものかと迷ったが、そのうち、病院から、中原名人や田中(寅)が来て、なんとか小康状態を保っている、と判った。

 それなら、夜見舞いに行こうと決め、ようやく対局を見る気になった。

(中略)

 C級2組の順位戦ばかり17局。4階と5階の部屋全部を使って対局が行われている。

 まず大広間。それから特別対局室と見て回り、第二対局室へ行くと、芹沢の娘婿の大野が中田(章)と対戦していた。ちょっと声をかけたが彼は答えず、泣き出しそうな顔で盤を見つめていた。

(中略)

 碁は、日刊ゲンダイの指導碁で、6時半に始まって、いつもは9時ごろには対局も後の手直しも終わる。ところがまずいときにはまずいことが重なるもので、この日は対局者がわるかった。加藤正夫名人に対するはアマ強豪の金沢東栄氏で、これは簡単に終わらない。両者秒読みの戦いがえんえんと続き、終わったのは11時に近かった。それからの感想戦も長く、私は気が気でない。たまりかねて、お先に失礼した。

 激しい雨のなかをかけるようにして将棋会館に戻り、大広間に行くと、ここはあらかた終わっていて、中央に田中(寅)が立っている。大野を連れて行くため、終わるのを待っているのだ。出るときは呼びに来てよ、と声をかけて、5階に上がった。

(中略)

 感想戦が始まって10分ぐらい経ったころ、奨励会員が呼びに来てくれた。すぐ下に降りると大野はコートを着て待っていた。

 病院に向かう車中で、なにか話そうとしたが、言葉がない。大野は顔をそむけるように暗闇を見つめていた。やがてポツリと「朝、出てくるとき話しかけたら、通じたような気がしたんだがな」。すかさず田中が大きな声で「午後3時ごろも、そういう感じがしたよ」と力づけるように答えた。

 病院へ着くと大野はかけ出した。

 病室では、親族のなかの若い人達がベッドを取り囲んで芹沢を見守っていた。呼吸器をつけているのだろう、鼾のような呼吸音が聞こえる。大野の横に立って芹沢を見ると、彼は顔をこちらに向けて眠っていた。せわしない呼吸のたびに、顔がゆれ、腹のあたりが波打った。表情はいつもより、しっかりしていた。

 私は黙って見つめていたが、やがて芹沢の妹さんが「暑いみたい」と呟いて暖房装置を直した。そして毛布に手を入れ、「あら、指先がつめたい」と言いながら娘の和美さんを見た。 

 言葉が交わされて、私はホッとした。すこし気が楽になってみると、芹沢は小康を保っているように思えてきた。根が丈夫なのだから、ひょっとして元気になるかもしれない。田中を見ると、彼も同じことを思っているらしい。うなずき合って、帰ることにした。

 戸口まで送ってくれた妹さんは、「尿が出れば黄疸が治まって意識が戻るんですけど、すこし点滴を「多くしたんですよ」と回復を疑っていない様子だった。

「じゃ、また明日来ます」

 そう言って私と田中は病室を出た。何気なくと名に眼を遣ると、午前1時30分になっていた。それから2時間30分後に芹沢は逝った。

 今から思えば、芹沢は「娘と孫を頼むぞ」と一言いいたくて、大野の帰ってくるのを待っていたのだろう。それが、芹沢の最後の頑張りだった。

—–

第1回将棋ペンクラブ大賞雑誌部門大賞が、師匠の高柳敏夫名誉九段「愛弟子・芹沢博文の死」(文藝春秋1988年3月号)だった。

1987年12月9日は、将棋ペンクラブが河口俊彦会長などにより設立されてから12日後のことだった。

当時、将棋ペンクラブには顧問が27名いたが、そのうちの一人が芹沢博文九段。

河口俊彦七段は将棋ペンクラブ会報2号(1988年春号)の「将棋ペンクラブ日誌」に次のように書いている。

12月10日(木)

 通夜。新潮社梅沢さんと、近くの「湖月」へ。後、新宿へ出て、田辺・真部・小沢さん達に逢い、「将棋ペンクラブ」への協力をお願いした。小沢さんが「会員が五百人ぐらいになればいいわね」と言ったが、そのときは夢物語のように思っていた。

12月11日(金)

 告別式。顧問、会員の慶弔には気を配ることにしてあったが、最初が顧問の中でいちばん若い芹沢だったとは・・・。

(以下略)

—–

明日は、同じ号に載った二上達也九段による名追悼文、将棋マガジン編集部による思い出など。

将棋関連書籍amazon売上TOP10(1月7日)

amazonでの将棋関連書籍売上TOP10。

ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)
価格:¥ 580(税込)
発売日:2011-11-22
どうぶつしょうぎのほんどうぶつしょうぎのほん
価格:¥ 800(税込)
発売日:2010-07-13
決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 720(税込)
発売日:2005-07
聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
価格:¥ 730(税込)
発売日:2002-05-07
将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる
価格:¥ 998(税込)
発売日:2009-12-01
やさしいこども将棋入門―どんどん強くなるやさしいこども将棋入門―どんどん強くなる
価格:¥ 924(税込)
発売日:1993-01-02
将棋世界 2012年 02月号 [雑誌]将棋世界 2012年 02月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2011-12-29
ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスターハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-02-01
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 760(税込)
発売日:2011-02-10
羽生善治のみるみる強くなる将棋入門羽生善治のみるみる強くなる将棋入門
価格:¥ 998(税込)
発売日:2009-02-03