怪物とプリンス

羽生善治二冠も”怪物”と呼ばれている時代があった。

将棋マガジン1990年1月号、巻頭グラビア「第2期竜王戦第3局 立ち上がれ、羽生よ!」より。

(顎に扇子を押し付けて考える羽生挑戦者の写真)

どうも今シーズン、らしさが見られない。さすがの怪物も、雰囲気にのみこまれているのか

羽生善治二冠にとって初のタイトル獲得となった1989年竜王戦(島朗竜王-羽生善治六段)。

4勝3敗1持将棋で羽生六段が竜王位を見事に獲得することになるが、第3局は島竜王の強い所ばかりが目立つ一局で、羽生六段は敗れてしまう(羽生六段の1勝2敗1持将棋)。

しかし、「さすがの怪物も、雰囲気にのみこまれているのか」は、今では想像することもできないような大胆な表現だ。

この時、羽生六段は19歳。

それほど当時は、”羽生善治”という棋士の出現にインパクトがあったということだ。

—–

一方、将棋世界1994年2月号、巻頭グラビア22頁は、

「プリンス郷田、日本シリーズを初制覇」

この当時の郷田真隆九段は五段だったが、前年の1992年には王位を獲得している。

プリンス。いい響きだ。

郷田九段には、”王子”ではなく”プリンス”がよく似合う。

この時、郷田五段は22歳。

羽生二冠とは違った雰囲気でのインパクトのある新人という位置付けであったことがわかる。

—–

10代であれば怪物、20代前半であればプリンス、これがスポーツ界や将棋界での最大級の褒め言葉になるのかもしれない。

キングだと、中高年っぽくなってしまう。

女性の場合だと、

10代でエンジェル、20代前半でプリンセスとなるのだろうが、クィーンという素晴らしい単語がある。

女流棋戦で永世称号を獲得すると、「クィーン名人」、「クィーン王位」などと称される。

クィーンは女王なので男性にとってのキングと同格になるが、クィーンには中高年っぽいイメージが全く感じられない。

—–

キングやクィーンというとチェスを思い浮かべてしまうが、チェスでもキングよりクィーンのほうが格好良い。

クィーンというメジャーバンドは存在するが、キングという名のメジャーバンドはない。

ABBAの「ダンシングクィーン」も「ダンシングキング」という曲名だったならあれほど流行らなかっただろう。

—–

ところで永世女王になると「クィーン女王」となるのだろうか。

これはこれで良い称号だと思うが、どうなるのか興味深いところでもある。

ザ・王将戦(山田道美八段の「大山は田舎将棋」)

近代将棋2001年2月号、元毎日新聞記者の故・井口昭夫さんが王将戦の歴史を綴った「ザ・王将戦」より。

 大山からタイトルは奪えなかったが第15期、山田道美八段の挑戦は話題になった。二上王将を翌年に指し込んで借りを返してからの大山はさらに一段と凄みを増した。その大山に対して公然と打倒を宣言したのが、山田であった。彼は将棋連盟の近くに研究室を構え、日夜、大山の振り飛車に対する秘策を練った。

 その頃まで、対局者は往復の旅行を一緒にするのが普通だった。山田は、「対局の朝、東西から名乗りあって勝負するのが当然」と、同行はおろか、前夜の宿所も別にした。大山はカチンときた。

 4局終わって、山田の3勝1敗となり、ほとんどの人が勝利を疑わなかった。このとき師匠の金子金五郎九段は手紙で「勝つな」とさとした。勝利を目前にした弟子の浮つきがちな気持ちを制した言葉である。

 第3局が米子で行われたとき、山田は対局前夜、夢を見た。相手の王を詰まそうとするのだが、こちらと思えばあちら、王が動いてつかまらない夢だった。大山は麻雀が終わった深夜「酒が飲みたい」と所望した。宿は寝静まって人の気がない。仕方なく、一緒に厨房に入っていって、酒を調達した。珍しいことで、大山もまた、意識過剰で眠れなかったのだろう。

 小田急新宿駅へ送る途中、山田は私に「大山の田舎将棋に負けない」と言った。びっくりした。大山名人と毎日の関係はよく知っているはずなのに。もっとも、私は当然のことながらその言葉は伝えなかった。

 5、6局に大山は連勝、第7局は箱根強羅の石葉亭で行われた。朝、芦ノ湖のホテルからやってきた山田は「ホテルの支配人から巌流島の戦いですね、と言われた。武蔵にならって一時間ほど遅れてこようかと思った。それなら芦ノ湖を渡ってくるのだったかな」と冗談を言い、大山は難しい顔をして聞いていた。この第7局は山田の完敗で大山は危うく防衛を果たした。

—–

大山康晴十五世名人の壁に阻まれた棋士はあまりにも多い。

山田道美八段も、そののうちのひとり。

私は子供の頃から振り飛車が好きだったので、山田道美八段の著書を立ち読みするたびに(振り飛車がいじめられているので)、落ち込んでしまって買うことはなかった。

しかし、「現代将棋の急所」などは名著と聞く。

私が立ち読みをして落ち込んでいたのは、この「現代将棋の急所」だったのだ・・・

その頃は文藝春秋社から出版されていたと思う。

現代将棋の急所
価格:¥ 3,059(税込)
発売日:1990-07
山田道美将棋著作集〈第1巻〉近代戦法の実戦研究 1 中原誠編 (1980年)
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:1980-03
山田道美将棋著作集〈第2巻〉近代戦法の実戦研究 (1980年)
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:1980-04
山田道美将棋著作集〈第3巻〉近代戦法の実戦研究 3 (1980年)
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:1980-06
山田道美将棋著作集 第4巻 自戦記
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:1980-01
山田道美将棋著作集 第5巻 プロの目とアマの考え
価格:¥ 1,995(税込)
発売日:1980-01

山田道美将棋著作集〈第6巻〉初心ノート (1980年)
価格:¥ 1,995(税込)
発売日:1980-12
山田道美将棋著作集〈第7巻〉日記 (1981年)
価格:¥ 1,995(税込)
発売日:1981-02
山田道美将棋著作集〈第8巻〉随筆・評論・詰将棋 (1981年)
価格:¥ 1,995(税込)
発売日:1981-04