羽生善治竜王(当時)への深夜の電話

一昨日の記事「羽生善治竜王(当時)と菊池桃子さん」の直後のこと。

将棋マガジン1990年9月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ何でも書きまっせ!!」より。

 夕休前には私も浦野も先崎が対局が終わっていたので、メシを食おうと繁華街へ繰り出す事になったが、浦野が「今日はヨメはんの誕生日やねん。もちろん歳は内緒にせんと怒られるから言わへんけど、谷川先生と一緒の歳な」もうほとんど言っているのと同じだが、そういう事ならと奥さんも呼び出して繁華街へ。

 奥さんの麻七美さんと会うのは結婚式以来の2度目。とっても明るい人で、面白い話がポンポン飛び出す。

「結婚して、主人が毎日家にいるのにびっくりしましたね。でも棋士の人達って個性的でとっても楽しいです。この前 藤原先生に初めて会ったんです。その時みんなで一緒にラーメンを食べに行ったんですけど、藤原先生、ラーメンの麺だけ先に食べて、その鉢をこちらに持ってきて『奥さん、ラーメンの汁一緒にすすりませんか。さあさ遠慮しないで』・・・私はもうびっくりして」

 そら誰かてびっくりするで。さすがは藤原先生、やってくれます。

 ところで話は変わるが、将棋世界の八月号で羽生竜王が菊池桃子さんと対談していた。まったくもって羨ましいの一言だが、先崎がこの事を思い出して麻七美さんにこう言った。

「そうだー今から羽生先生に電話をしましょう。それも・・・」と麻七美さんに耳打ちしてさっそく電話。

「あのう、羽生先生でしょうか。私、桃子です。先日はお世話になりました。今日の対局どうだったですか? えっ、負けですか…… 桃子とっても残念です」

 深夜の1時半の出来事である。最初は本物だと思っていた羽生も、さすがに気付いたらしく、最後は「浦野さんの奥さんでしょう」とそこまで見破られてしまった。

(以下略)

—–

羽生竜王(当時)と対談が行われた時代の菊池桃子さんの映像。

菊池桃子 CM  ビクター  (1991)

言葉が出ないほどの美しさ・・・・・・

 

タイトルとURLをコピーしました