棋士のつっこみは激しい

将棋マガジン1993年11月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

井上六段「野球場とかには最近、水晶テレビがありますやろ」

福崎八段「何それ!?」

淡路八段「それ、液晶テレビの事とちゃうか?」

井上「あー、そうですわ」

福崎「そのテレビやったら、未来の事わかるんとちゃうか」

淡路「予報やなしに、明日の天気言うてくれるんやろな」

(棋士のつっこみは激しい)

—–

水晶占いは、ジプシー占いとして有名で、丸い透明な水晶玉を使って、その中に、人の未来を映し出していたという。

—–

1993年の将棋マガジンでは、エトワール舟黎さんによる、「今月の将棋運 星座占い」が連載されていた。

星座別の占いはもちろんのこと、その月に生まれた棋士についてもコメント。

この11月号では、森内俊之六段(昭和45年10月10日生)。

向学心があり人間関係を大切にします。社会的な成功には関心が薄いけれど、好きな道に進めば本人の努力と、友人などからの応援を得て求めなくても名誉を得ることになります。独創性、精神力、洞察力がありますが、好きでないことに関しては無頓着です。

(以下略)

—–

将棋マガジンは1996年に発行を終了している。

観る将棋ファンが増えてきた現在、このような雑誌があれば、相当歓迎されるのではないかと思う。

タイトルとURLをコピーしました