2013-09-18

読む

団鬼六さんの好きな観戦記、嫌いな観戦記(中編)

近代将棋1994年4月号、団鬼六さんの鬼六将棋面白談義「酔いどれ三流文章論」より。 僕はね、鈴木先生、文章というのはその人間の個性が滲み出るものだと思うのです。個性といっては堅苦しければ、クセといってもいいでしょう。加藤治郎先生は鈴木先生と...
タイトルとURLをコピーしました