2013-11-13

棋士のエピソード

必死に笑いを噛み殺していた三浦弘行八段(当時)

月刊宝石2002年10月号、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。  名人戦は挑戦者の森内八段が2連勝のスタート。A級順位戦の結果は順当だったなぁと思えるが、三浦弘行八段(28才)が残留できたことは解説したい。   順位が10...
タイトルとURLをコピーしました