小池重明10年忌

月刊宝石2002年の号、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 シゲアキとは誰も呼ばなかった。ジューメイ。小池重明。

  昭和23年1月2日名古屋駅前の町で生まれ、平成4年5月1日茨城県石岡市の病院で没。 

 10年忌に、生前つき合いの濃かった10数人が誘い合って江東区森下町の寺の墓参りをした。

 茨城からF氏も駆けつけた。新宿時代も茨城時代も小池を従業員にし金や車を何度持ち逃げされても面倒み続けた社長だ。

「おかしいなぁジューメイちゃんの卒塔婆が消えてる」

「バクチ好きなファンが持ってっちゃったんだよ」

「あら石碑にジューメイさんの名前が刻んでないわ」

「住職の話では亡くなる数カ月前に当人が挨拶に来たって」

 てんでに言いながら花や線香や酒やビールを供えた。

 複雑な家庭環境と高校中退後の夥しい職歴は書ききれない。将棋は高一の年に継父から手ほどきを受け、新宿の殺し屋、無冠の帝王の異名時代を経て32才の年から連続二期アマ名人。2年後に読売日本一戦優勝も果たした。プロキラーでもあった。 森けい二九段(当時八段)との指し込み3番勝負は昭和57年、将棋ジャーナル誌の企画。角落ちも香落ちも、平手も勝った。 図はその終盤。必敗形の小池が放った、妖しい焦点の歩!

 対して△5八同竜が元で勝負は逆転。6六馬(詰めろ)のほうがよかったらしい。

 プロを間違えさせた。苦しい局面で見せる念力の炎のような粘りが小池将棋の魅力だ。

 棋界は大騒ぎ。森プロはこの敗戦直後に初タイトル棋聖位を獲得した。片や小池の運命は、プロ入り話がもちあがり某九段の後押しで連盟に申請書を出すまでに発展したが、棋士会の猛反対で頓挫。このあたりから借金が増え酒浸りの日が増え読売新聞全国版の一面に「アマ名人の詐欺行脚」なる記事が出るに至った。

 逃亡生活の果て作家の団鬼六氏の元で将棋界の隅へ復活した頃は、何度目かの駆け落ち相手の女性と一緒だった。

 彼の人生がドキュメンタリー番組になったとき出演した田中寅彦九段は、「僕ら棋士が死んでも番組にしてもらえない」と言った。最近47才年下の愛人に自殺されしょげている鬼六先生は「書きたいこともなくなったが小池の映画だけは作りたい」と真剣に話を進めている。

 私は強姦未遂事件が今は嬉しい思い出だ。切羽詰って窓から逃げようとしたら急に彼が顔色変えて引きずり戻し、「参っちゃうよなぁ」と静かになった。思えばそこはF社長の不動産会社、ビルの高い所だった。

 棋勝院法重信士。享年44。

—–

湯川恵子さんが酔っ払った時に話してくれる故・小池重明さんの思い出話をそのまま文語体にしたような雰囲気の読み物。

それにしても、卒塔婆を持ち去るとは凄い人がいるものだ。

卒塔婆は基本的に五角形。そういう点では将棋の駒と一緒だが、共通の言われがあるのかどうかは永遠の謎かもしれない。

—–

団鬼六さんが小池重明さんの面倒をみるようになったのが、小池重明さんの人生にとっての最終盤の頃。

団鬼六さんの人間的な優しさをあらためて感じる。

—–

以前も紹介した、故・新井田基信さんがネット上で書いた「小池じゅうめい物語が絶妙に面白いので、まだお読みでない方はぜひご覧ください。

小池じゅうめい物語

   

     

NHK将棋講座2013年12月号「中田宏樹八段-橋本崇載八段戦」

今日はNHK将棋講座2013年12月号の発売日。

◯表紙は故・米長邦雄永世棋聖の若い頃。

◯グラビアは、9月に行われた「神戸ハーバーランドこども将棋まつり」

◯「棋士道 ~弟子と師匠の物語~」は、伊藤能六段による師匠 故・米長邦雄永世棋聖との思い出。

年齢制限ギリギリで四段になった伊藤能六段の奨励会時代、師匠から受けたアドバイスや叱咤激励の数々。米長永世棋聖の「お前の将棋は野球にたとえるとスリーボールになるとフォアボールでもいいやと思ってしまうところがある。とにかく勢いのある将棋を指せ」などは名言中の名言。

◯女流棋士リレーエッセイは香川愛生女流王将。香川流の逆転術について。

◯井上慶太九段の「井上慶太の 居飛車はおもしろい!」、今月は”棒銀で矢倉を攻略しよう”。矢倉・一直線棒銀戦法で面白いようにガリガリと攻めていく。最終週は相矢倉の戦い方にも言及。矢倉の狙いがわかりやすくコンパクトにまとめられていて、とても勉強になる。

◯アラカルト 将棋の周辺ガイドは、村田智穂女流二段談による「最後まで楽しめるものを」。

様々なイベントでユニークな催しを企画する村田女流二段の発想の源が語られている。

◯将棋クローズアップは、隠れた名局「竜王VS名人 席上対局で激突」。鈴木宏彦さんによる構成の、岡崎将棋まつりでの森内俊之名人-渡辺明竜王戦の観戦記。

◯佐藤天彦七段の「『貴族』天彦がゆく」は、棋士たちが普段使っている駒や盤の話。棋士の視点が興味深い。

◯後藤元気さんの「渋谷系日誌」。後藤さんが奨励会時代に戦った渡辺明奨励会員、広瀬章人奨励会員の思い出。酒を飲んでいる時の竜王の会話が可笑しい。矢内理絵子女流四段の結婚話、将棋連盟会長が優勝した時に誰が賞状を渡すかの話題も楽しい。

◯リバイバル NHK杯伝説の名勝負は、1993年度2回戦、佐藤康光六段-郷田真隆王位戦、佐藤康光六段の自戦記「うまく決まった一局」。佐藤康光六段の若さ溢れる文章が印象的。

◯棋戦プレイバックは、勝又清和六段による棋聖戦五番勝負の模様。

◯付録は、浦野真彦八段の「1手必至で知る寄せのコツ」。必至問題は一般的に難しいが、1手必至なので非常に取り組みやすく、また、有段者が読んでもためになるような内容。

◯NHK杯戦観戦記 (2回戦) 敬称略

鈴木大介八段-高崎一生六段 「200手超えの死闘」 岩田大介

豊島将之七段-佐藤康光九段 「胸の高鳴りを感じて」 内田晶

渡辺明NHK杯-広瀬章人七段 「研究が生きた勝利」 自戦記・広瀬章人

中田宏樹八段-橋本崇載八段 「古い革袋に新しい酒」 私

    

ということで、今月号には私が書いた観戦記(中田宏樹八段-橋本崇載八段戦)が掲載されています。

橋本崇載八段の対局前のインタビューが話題となった一局。

そして、アマチュアの升田式石田流党(たとえば私)に戦慄と衝撃を与えた中田宏樹八段の升田式石田流対策。

この号の、『探せるかな?「重箱のスミ」クイズ』に、

問4 NHK杯戦から。橋本崇載八段が着ていた和服の色は?

という問題が出題されていますが、答は私の観戦記を読んでいただけるとわかります。  

NHK将棋講座2013年12月号、面白い記事が満載ですので、ぜひご覧ください。

     

NHK 将棋講座 2013年 12月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2013年 12月号 [雑誌]
価格:¥ 530(税込)
発売日:2013-11-16