神吉宏充五段(当時)と先崎学五段(当時)、22年前の「大丸別荘」での夜

将棋世界1991年7月号、先崎学五段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

 まったく神吉さんには恐れ入るばかりだ。

 ―といっても将棋の事ではなく大喰いの話である。いやはや、前から薄々感づいていたが、それにしても凄いと思った。ハッキリいって、オドロキマシタネ、私は。

 名人戦第3局、福岡二日市温泉の『大丸別荘』で一緒だった。指し掛けの夜、宴会が行われたが、まあ食べること食べること。水割りオンリーという記者や海老が喰えないという人間から集めた海老の数6本。言っておくが、ビールの瓶のように大きな海老だよ。喰ったね~。むしゃむしゃ、ガルガル、しかも海老だけではない。煮物、刺身、御飯に至るまで、全部3人前ずつたいらげた。

 それだけならいい、その後言ったね。

 「先チャン、後で

 ラーメン食いに行こうか」

 ・・・。ただただ恐れ入るばかりです。ハイ。ちなみにさすがの神吉さんも「腹に物が入れば眠くなる」という定理には勝てず、楽しみにしていた中洲にこそ行けなかったものの、夜の10時頃起き出して、おにぎりを、5個喰っていた。どうなってんだ、あの腹は。

—–

今日から行われる竜王戦第3局の対局場である「二日市温泉 大丸別荘」での22年前の出来事。

水割りオンリーの記者とは、毎日新聞の故・加古明光さん。

加古さんは酒を飲みだすと水割りオンリーで、棋士からは愛されて”水割りおじさん”と呼ばれていた。

神崎健二七段のブログにも、加古さんの”水割りおじさん”のことが書かれている。

ある棋士の日常 「2002-01-25」

神吉宏充五段(当時)は、加古さんからほとんどの夕食を譲渡されたものと思われる。

あとは、海老を食べられない人から。記録によると、谷川浩司竜王(当時)はこの名人戦第3局には来ていないので、谷川竜王以外の海老嫌いの人が少なからずいたということだ。

—–

ビール瓶のように大きな海老とは、どのような料理だったのだろう。

海老の鬼瓦焼き、海老フライ、海老の天ぷら・・・「大丸別荘」の料理の傾向から考えると、海老の塩焼きか鬼瓦焼きだったのかもしれない。

竜王戦第3局、今日の夜の関係者の夕食でも、このような大きな海老が出てくれば面白いのだろうが、「大丸別荘」の今月の献立を見ると、大きな海老は含まれていないようだ。

—–

以前の記事に書いたことだが、先崎学五段(当時)が記事に書いている1991年名人戦第3局〔中原誠名人-米長邦雄九段〕は、羽生善治三冠が初めて副立会人を務めた一局。立会人は森けい二九段。

神吉五段と先崎五段はNHKBS放送の解説役。

羽生善治棋王(当時)が副立会人の名人戦の夜

この記事を読むと、神吉五段が食べ過ぎて寝ているうちに、先崎五段は、羽生善治棋王(当時)、森けい二九段、故・池崎和記さんと麻雀を打ち始めていることがわかる。

神吉五段は再び起き出して、麻雀を観戦しながら5個のおにぎりを食べたのだろう。

おにぎりは、麻雀をやっている人や観戦者用に旅館側が夜食用に20個くらい用意したものだと考えられる。

そういう意味では、決して巨大なおにぎりではなかったのかもしれない。

・・・とはいえ、やはり5個はすごい。

竜王戦第3局対局場「二日市温泉 大丸別荘」

竜王戦第3局は福岡県筑紫野市の「二日市温泉 大丸別荘」で行われる。→中継

二日市温泉 大丸別荘」は、古くは万葉の詩人、大伴旅人や菅原道真も詩に詠んだという歴史を持つ二日市温泉にある、創業148年の由緒ある旅館。

多くの皇族・国賓・各界著名人・作家・芸能人等が利用をしている。

場所的には博多駅からJR線利用で20分、博多の奥座敷と言える。

日本庭園の広さは3500坪、岩風呂型式の風呂は男女共に100坪。

〔大丸別荘の食事〕

大丸別荘の「おもてなし方針」は次の通り。

(当方のおもてなし指針)
 お部屋は歴史ある趣にて更に快適であるように

 お料理は高等な技術材料はございませんが食べて美味しく比較的手に入り易い材料で しかも家庭では食べられないものをめざしております。

 接客はお客様の必要とされる事を心掛け、お客様の負担とならない快適な接待を心掛けております。

さすがは皇室も宿泊する旅館。とても品が感じられる。

そういう訳で、日本料理を基調とした創作料理もメニューに盛り込まれている。

今月の献立表

(料理の例)

大丸別荘は部屋での食事となるが、徒歩5分のところに大丸別荘の食事処「銀の壺」もある。

≪1,575円の食事≫

・湯の原膳 温泉豆腐・有機サラダ・小鉢・お椀・白ご飯・デザート

・山里膳  季節の釜飯・有機サラダ・小鉢・お椀・デザート

≪2,100円の食事≫

・田舎会席 有機サラダ・小鉢・八寸・刺身・お椀・野菜料理・白ご飯・デザート

≪2,625円の食事≫ 

・天拝会席 有機サラダ・小鉢・八寸・刺身・お椀・野菜料理・魚料理・白ご飯・デザート

≪3,675円の食事≫

本会席 四王寺 有機サラダ・小鉢・八寸・刺身・お椀・野菜料理・魚料理・肉料理
白ご飯・デザート

≪4,725円の食事≫

本会席 宝満  有機サラダ・小鉢・八寸・刺身・お椀・野菜料理・魚料理・肉料理
お好み釜飯・デザート

※釜飯は、鯛、鮭、海老、鶏そぼろ、野菜、雑穀米から選ぶことができる。

〔昼食予想〕

将棋棋士の食事とおやつによると、2000年以降、大丸別荘では2007年王位戦、2000年竜王戦が行われているが、当時の昼食の記録はほとんど残されていない。

どのようなメニューが用意されているか想像するのは難しいが、日本食を中心に何でも出てくるものと考えたい。

ポイントは、釜飯がメニューに含まれているか、また、カレーライスはどうなるのか、牛肉料理はどうなるのかという点。

渡辺明竜王

一日目 天ぷらそばまたは松花堂弁当

二日目 親子丼またはカツ丼

森内俊之名人

一日目 すき焼き御膳または松花堂弁当

二日目 カレーライスまたは天ぷらうどん

—–

大丸別荘には、なんと卓球場も用意されている。

温泉場での卓球が旅情を盛り上げる。