2013-11-18

詰将棋

芹沢博文九段の1ヵ月で解ければ三段の詰将棋

将棋世界1992年4月号、沼春男五段(当時)の質問コーナー「将棋Qプラザ」より。 Q.詰将棋の解答を  1図は故・芹沢博文九段の著書に載っていた詰将棋です。  1ヵ月で解ければ三段、となっていましたが、正解を教えて下さ...
読む

「先人の苦労はどうなるのか・・・」と思わせた一手

将棋世界1992年2月号、鈴木輝彦七段(当時)の「対局室25時 東京」より。  今月の取材日は12月10日、火曜日。私自身の対局日でもあった。 (中略)  大広間は3つの部屋で形成されているが、一部屋で2局、後は1局ずつの贅沢...
タイトルとURLをコピーしました