石田和雄八段(当時)の結婚

将棋世界1980年11月号、巻頭グラビア「A級棋士最後の独身者が結婚 新婚7日目の石田八段夫妻」より。

 石田和雄八段(33)は9月12日に林睦子さん(26)と結婚した。睦子さんはNHKテレビの将棋講座を見て石田ファンとなりファンレターを書いたりし、NHK文化センターの将棋教室で八段と知り合った。現在の棋力は6級ぐらい。ことし1月に会社づとめをやめて花嫁修業をしていた。磊落でこだわりのない石田八段にふさわしく、細かい所に気がつく、明るいひとである。お父さんは毎日新聞社勤務だが新聞将棋欄とは特に関係はない。

 二人は八段の故郷の岡崎市で結婚式をあげた。7日目の9月18日に東京・西荻窪のお宅を編集部が訪ねて撮影、ま新しい家具がいくつか見える。

——–

たしかに、石田和雄九段の解説は若い頃から特徴があって分かりやすく、また純粋で誠実な人柄が滲み出ていたので、女性ファンが多かったかもしれない。

それにしても、解説者冥利に尽きる展開。

石田和雄八段(当時)は1979年度に「古い棋譜をたずねて」というテーマでNHK将棋講座の講師をしているので、トントン拍子に交際が進んだことがわかる。

ファンレターをくれていた女性が将棋教室にも来てくれれば、かなり嬉しいことだと思う。

「磊落でこだわりのない」という石田和雄八段への形容詞が微笑ましい。

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2016年4月16日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。