2016-04-05

読む

真部一男八段(当時)「詰めろを掛けてもいけない」

将棋世界2005年1月号、鈴木輝彦七段(当時)の連載エッセイ「古くて新しいもの」より。  女性観については『論語』にも少ないので、鈴木愚子の経験を。  若い頃、先輩の真部さんに「金と歩しかないのに、5二玉に▲5三歩と打ったら△5一玉...
タイトル戦の食事

第74期名人戦第1局対局場「ホテル椿山荘東京」

羽生善治名人に佐藤天彦八段が挑戦する名人戦、第1局は東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で行われる。→中継 「ホテル椿山荘東京」は藤田観光株式会社の経営。 藤田観光は、 WHG事業・・・「ワシントンホテル」と「ホテルグレイ...
タイトルとURLをコピーしました