2016-04-24

将棋雑文

名人戦第2局の逆転劇とテレパシー

昨日の名人戦第2局は159手の大激戦で佐藤天彦八段が制した。 最終盤、下図の局面で△8九銀から先手玉に詰みがあったことが発見されたが、羽生善治名人は読み切れず、△3四銀と受けに回った。それに対して佐藤天彦八段は▲4四金。ここでも同じ手...
随筆

終盤の話術師

将棋世界1995年12月号、伊藤博文五段(当時)の「待ったが許されるならば……」より。  10月2日に将棋世界の村井さんから電話があり、私はピンときたのが次の一手の依頼かな、それとも詰将棋かなということで、そう判断したのだが違った。 ...
将棋関連新刊書籍

2016年4月将棋関連新刊書籍

2016年4月の将棋関連新刊書籍。 〔5月の新刊〕
タイトルとURLをコピーしました