駒が片付けられた盤上をじっと見つめていた郷田真隆棋聖(当時)

将棋世界1999年1月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。

 B級1、2組の順位戦に加え、A級順位戦の羽生四冠対森内八段戦もあるという豪華メニューの日である。控え室も久しぶりに研究陣が厚く、にぎやかだった。ただ、残念ながらジョークが少なく、こぼれ話も出ない。秋だからではないだろうが、物言えば唇寒し、をみんな決め込んでいる。

 例によって夜の部から話をはじめるが、午後10時ごろだったか、2階の自動販売機のところで、田丸八段といっしょになった。彼は一言「となりは劇画みたいなことやってるな」と呟いた。そういう当人の将棋も、劣らず劇的で控え室の話題をさらっていたのである。

 その郷田棋聖対田丸八段のとなりは、森(雞)九段対田中(寅)九段戦。言う通り、序盤から奇妙な戦いになっていた。

(中略)

  話が飛んだが、田丸八段が2階でお茶を買って盤の前に座ったとき、盤上は10図のようになっていた。型破りの将棋だが、ここから田丸流の強襲が始まる。

郷田田丸1

10図以下の指し手
▲4五桂△同歩▲6二角成△4六歩▲5三馬△2二玉▲2四歩△同歩▲6四馬(11図)

 ▲4五歩では手緩いというわけで、▲4五桂とやった。そうなれば一瀉千里、11図まで大振り替えとなる。こんなのを見せられては継ぎ盤の研究も力が入る。

 青野九段と大野六段が対して駒を動かし、神谷、先崎両君が横から口をはさむ。

 11図のところでの評判は、郷田よしであった。そう見られるのは郷田の信用もあるだろう。

 私は対局室を一回りすることにした。午後11時ごろになると、さすがに半分以上の対局が終わっている。この日はベテランの健闘が目立ち、大内九段、児玉七段が勝っていた。石田九段、真部八段もまだ終わっていない。森対田中戦は田中勝ち。「最後に寄せを逃した」と、森九段がボヤきながら感想戦をやっている。

 注目の羽生対森内戦は、11時前に千日手になり、これから指し直し局が始まろうとしている。そういえば森内八段は和服で来ている。気合いを入れたわけだ。一方羽生四冠の調子も気になる。最近はまずまずのようだが、谷川不調を見ては、心穏やかではないだろう。もっとも、藤井快進撃は、竜王戦決勝で羽生四冠を破ったときから始まった。

郷田田丸2

11図以下の指し手
△4五角▲6七歩△同歩成▲同銀△7四金▲2三歩△1三玉▲6二飛△6四金▲3二飛成△6六歩▲5六銀左(12図)

 継ぎ盤の検討は白熱してきた。

 まず、△4五角の王手に対し、▲6七歩の合駒は、感覚が変だと言う。常識は角筋をさけて、▲8八玉である。しかし非常識はうまく行ったときの得が大きい。ハイリスク・ハイリターンの理屈だ。ここで、△6七同歩成▲同銀と頑張ったのが後に決め手を生んだ。

 △7四金は予想された手。その次の、▲2三歩も、一本は打つだろうと言われていた。タイミングがいいかわるいか、と言っていると、▲2三歩△1三玉とやったと伝えられた。

 見たとたん先崎君が叫んだ。

「△1三玉と逃げられちゃ、田丸さんもあきらめなきゃいけませんね。こう逃げられたら、たいがい負けるんですよ」

 神谷、大野両君が、ふんという顔。わかったような口を利かれるのはシャクだと、意地になって田丸側を応援するが、なかなか勝ち筋が出ない。

 △1三玉と逃げた形が、わかりやすい勝ち筋、というのは、いずれ▲6二飛から▲3二飛成と金を取られたとき、銀、角がない限り、絶対に詰まない形になるからである。郷田ほどの者がこういう形で誤るはずがない、と思われた。ところが―。

 様子を見てきた人が、▲5六銀左、つまり12図まで進んでいると教えてくれた。一同呆然。これは終わりである。先手に銀が入ってしまう。

 △6四金と馬を取ったのが軽率だった。先に△6六歩と打つべきで、そのとき▲3二飛成なら、△6七歩成▲同金△6四金で後手勝ち。だから、▲3二飛成の前に▲6五馬と取り、△同金▲3二飛成とする。そこで先手玉が詰むかどうかだが、どちらとも言えない。田丸八段はぎりぎりの所をよく読んでいたのである。

郷田田丸3

12図以下の指し手
△5六同銀▲同銀△同角▲8八玉△1五歩▲2二歩成△同銀▲2四飛△7九銀▲同玉△7八銀▲同金(13図)まで、田丸八段の勝ち。

 上はいわゆる、指してみただけ、の手順。△5六同角と取ったとき、今度は後手が、金がないので泣く、局面になった。

 感想を聞こうと大広間に入ると、中央の間で石田九段対富岡七段戦が秒読みになっている。田丸八段は、興奮さめやらぬ、という感じで、早口で何かしゃべっている。石田九段が「ちょっと静かに願います」と言ったが気がつかない。

 感想戦は、さっき言った、△6四金と馬を取る手で△6六歩と打ち、以下▲3二飛成のとき、先手玉が詰むかどうかをやっているようだった。見ていると、なかなか詰まない。

 また石田九段の「お静かに」の声がした。今度は気がつき、田丸八段はそっと席を外した。駒が片付けられた盤上をじっと見つめて郷田棋聖はしばらく動かないでいた。黙っている。そうした姿に、無念さが最もよくあらわれる。やはり五強の一人だと思った。

 石田九段は人声を気にしていたわけではなかった。口ぐせみたいなものである。その証拠に秒を読まれながらも、指し手はしっかりしており、きっちり受け切って勝った。途中詰みを逃したが、それはご愛敬というものだ。 控え室に戻ると、若手諸君は終電に合わせて帰っていた。羽生対森内戦はまだ中盤。最後まで見とどける気力はなく、田中、青野両君と出た。このまま帰るのもなんだからと、青山通りの方へ歩き、穴倉のようなバーに入った。

 腰を落ちつけてみると「田丸さんが一番勝っておもしろくなったね」なんていう話が聞こえる。もう当落が気になる時節になったのだ。

 そして考えてみると、今日勝った両人は、1敗と2敗。B級1組の、現在1位と2位である。とんでもない人といっしょになってしまった。その上、二人は、今度の商品券配布制度が実施されると、3枚、4枚ともらえる、とか言ってニヤニヤしている。やがて、暮と来春に家族で金沢に行く、と仕合せそうな話ばかり出る。

 圏外の私は周囲に目をそらすと、若いカップルに混じって、ホステス風の女性をともなったご年配も何人かいた。世の中不況と騒がれているが、どんな時世でも人さまざまである。

——–

郷田真隆棋聖(当時)は田丸昇八段(当時)戦に敗れて順位戦B級1組で5勝2敗(3位)となったが、その後4連勝してA級昇級を決めている。(もう一人の昇級は田中寅彦九段)

A級順位戦の羽生善治四冠-森内俊之八段(当時)戦は森内八段が勝っている。

その結果、羽生四冠は1勝4敗。「羽生四冠の調子も気になる」と書かれているのには、そのような背景がある。

この期の羽生四冠は3勝5敗で終わるが、それでも4位というすごい年だった。

——–

それにしても、いろいろな棋士が登場する日の「新・対局日誌」。何気ない一日なのに、フルコースを食べたようなとても豪華な感じがする。

——–

最後の穴倉のようなバーのシーンが印象的だ。

この頃がどういう時代だったかと思い出してみると、頭の中に次の曲が流れてきた。

人との別れがあって個人的には辛いことがあった時期で、その頃に猛烈に流行っていた。

素直さという素質

将棋世界1999年1月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

 昔、師匠加藤治郎が伸びる者とそうでない者の違いについて、こういうことをいっておられた。先生は観戦記も書いていたから、局後の検討すなわち感想戦にも参加する。そうして時折御自分の意見もおっしゃることがある。そういった場面で自分のような老棋士の言葉でも良い手であれば素直に認めてくれる者と、ハナから問題にしない者とがいる。後者はロートルの示す手に良い手があるはずがない、とでもいいたげな態度である。

 実際、間違いが多いのでこれは仕方のないことなのだが、その後の彼らを見ていると、上に行くのは良いものは良いと素直に認める心を持った者達である、とのことであった。

 確かにこれは大事なことで、その人の年齢や立場、さらに敷衍すれば、人種や性別、国籍に至るまで、それにこだわってしまうと偏見が生まれ、ものの本質が見えにくくなってしまうだろう。

 私が見ても上位で活躍している若手は素直さという素質を持っているようだ。

 それに加えて頑固さというか、俺はこう考えるんだ、という強い意志的な面も持っている。

 羽生、佐藤康、郷田、そして今回、新竜王となった藤井にもそれは当てはまっていると思う。ひたむきな頑固さが藤井流を編み出し、その流儀にかける信念と信頼が、あの落ち着きを生み、谷川の乱れを誘ったのであろう。

 一方の谷川だが、推察するにハードスケジュールからくる肉体的疲労を蓄積していたのではないか、充分な休養をとり、偉才の捲土重来を願うものである。

(以下略)

——–

パナソニックを一代で築き上げ、経営の神様とも呼ばれていた故・松下幸之助氏は、素直な心の必要性をいつも説いていたと言われる。

素直さと強い意志は、棋士のみならず、ビジネスの面でも大事だということになるのだろう。

素直さと傲慢さは同居できないが、素直さと頑固さなら同居できる。

変な自己啓発書を何冊も読むよりも、これだけを覚えておけば良いような感じがする。

(もっとも、素直になるためにはどうすれば良いか、について書くのが自己啓発書なのかもしれないが)

——–

私は、「自己啓発」、「グローバルスタンダード」のような言葉が大嫌い。

本当に素晴らしい世界標準もあるが、安易に語られている「グローバルスタンダード」と呼ばれていたものには、「アメリカン・エゴイズム」や「欧州エゴイズム」のような内容のものが数多くあったと思う。

日本はもっと自信を持て、と思う時代があった。

表面も中身も胡散臭いものには好感が持てるが、表面は真っ当に見えても中身が胡散臭いのは嫌いだ。

そういう意味で、「自己啓発」、「グローバルスタンダード」という言葉は嫌いということ。

・・・と思っている私が全く素直ではないのかもしれないが。

 

 

第74期名人戦第5局対局場「天童ホテル」

羽生善治名人に佐藤天彦八段が挑戦する名人戦、第5局は山形県天童市の「天童ホテル」で行われる→中継

天童ホテルは、創業100余年の宿。2015年春に館内がリニューアルされ、庭園から流れ落ちる滝を眺める滝見露天風呂や、庭園との一体感を感じられるロビーラウンジ、モダンな食事処がオープンした。焼きたてステーキ付の朝食も人気。

icon
icon

〔天童ホテルでの昼食実績〕

将棋棋士の食事とおやつによると、天童ホテルでのタイトル戦の昼食実績は次の通り。

2011年名人戦第6局

羽生善治名人 ◯
一日目 五目あんかけ焼きそば
二日目 寿司
森内俊之九段 ●
一日目 ビーフカレー
二日目 山形牛のステーキ

2009年王将戦第7局

羽生善治王将 ◯
一日目 五目あんかけ焼きそば
二日目 海の幸チャーハン
深浦康市九段 ●
一日目 カレーライス、
二日目 天ざるそば おにぎり1つ

2008年名人戦第6局

羽生善治二冠 ◯
一日目  ビーフカレー
二日目 五目あんかけ焼きそば
森内俊之名人 ●
一日目 ビーフカレー
二日目 天ざるそば

※羽生二冠が名人奪還、永世名人称号を獲得した一局

〔昼食予想〕

羽生善治名人の「五目あんかけ焼きそば」は、ほぼ確定的と見たい。

佐藤天彦八段はカレー系が入るだろう。

予想は次の通り。

羽生善治名人
一日目 五目あんかけ焼きそば
二日目 海の幸チャーハン

佐藤天彦八段
一日目 ビーフカレー
二日目 山形牛のステーキ


icon
天童ホテルの山形牛のすき焼き

icon

「受けが好きとは聞いてはいたがこれほどとは!」

将棋世界1999年1月号、神吉宏充六段(当時)の「今月の眼 関西」より。

 1図は木村一基四段-小阪昇六段戦で、木村の居飛穴に小阪が藤井猛新竜王愛用の戦型から捌き、△3八角と打ち込んだ局面。ここからの木村の粘りが実にしぶといものだった。

木村小阪1

 まず▲1八角と打ち、△6三歩に▲4八金。△2九角成▲同角△7六桂▲7九玉に△4六飛で決まったかに思えたが、▲5八金上(2図)で際どく残し、最後は小阪をうっちゃって勝ち。受けが好きとは聞いてはいたがこれほどとは!

木村小阪2

——–

木村一基八段が「千駄ヶ谷の受け師」と呼ばれるようになるずっと前の一局。

2図から△2六飛と回れれば良いのだが、それには▲1五角の王手飛車取りがある。

読み抜かれた絶妙の受け。

敵の攻め駒を責める受けの典型とも言えそうだ。

 

三浦弘行新人王(当時)「藤井さんは人間も将棋も手厚い」

将棋世界1999年1月号、木屋太二さんの「三浦弘行新人王にインタビュー」より。

―新人王戦優勝おめでとうございます。

三浦「ありがとうございます」

―決勝三番勝負は2-0のストレート勝ち。内容もよかったですね。

三浦「決勝戦までは拾い勝ちが多くてツイてるなと思っていました。三番勝負は負けて元々の気持ちがあったので気楽に指せました」

(中略)

―畠山成幸六段が投了した時は?

三浦「もう少し粘る順があったので意外な気がしました。ここで決めたいと思っていたので連勝での優勝は本当にうれしかった」

(中略)

―ところで西村一門の活躍が何かと話題になっています。竜王戦でブレイク寸前の藤井七段。最年少女流プロの藤田綾ちゃん。そして三浦新人王……。

三浦「藤井さんの活躍ぶりはすごいですね。私も『藤井システム』の本を買って勉強しています」

―同郷・同門。ライバル意識は?

三浦「藤井さんは奨励会時代から常に私より先行しています。藤井さんは人間も将棋も手厚い。目標にしている棋士です」

―お二人とも研究家というところがよく似ていますが?

三浦「研究好きなのは相手が近くにいなかったからということもあります。私の場合は一日10時間やってたこともありますが今は毎日ではなく、ある時期に集中してやります。パソコンと盤を使って。研究会に入らない研究家の藤井さんと私は群馬風といったところでしょうか(笑)」

―2年前の棋聖戦で羽生さんがタイトルを取りました。羽生七冠を168日で倒した男と話題になりましたが?

三浦「3年前に挑戦した時は羽生さんが七冠を目指していたころ。あの時の五番勝負は3連敗でストレート負けを喫しました。全然歯が立ちませんでしたね。翌年の挑戦は羽生さんが七冠を達成していました。目標がなくなったので去年より本気でやってこないんじゃないか。そんなことを考えていました」

―1勝2敗から2連勝で初タイトルをゲット。その時の気持ちは?

三浦「当時は自分も意外にやれるんじゃないかと勘違いして舞い上がってしまいました。それから成績が落ち込みました。今、冷静に考えると、あれはマグレでした」

―ビッグタイトルを取ってから新人王は手順前後のような気もしますが?

三浦「タイトルを取った人が新人王になる。これは初めてのことらしいですね。しかし私は過去に新人王戦で好成績をあげたことがない。新人王戦は藤井七段、深浦六段、先崎六段、中川六段、ほかにも若手の実力者がたくさん出ています。キツイ棋戦ですから優勝できたのは本当にうれしい。素直によろこんでいます」

―今後の目標は?

三浦「もっと実力をつけたい。実力をつければ成績も自然についてくる。タイトルも……と思っています。今回の新人王戦の優勝を弾みにしたいですね」

——–

三浦弘行六段(当時)の新人王戦優勝、藤井猛七段(当時)の竜王位獲得、藤田綾女流2級(11歳)のプロ入り、という西村一義九段門下の慶事がほぼ同時期に重なったのだから凄いことだと思う。

——–

「私も『藤井システム』の本を買って勉強しています」、「藤井さんは人間も将棋も手厚い」が、いかにも三浦弘行九段らしい微妙な面白さ。

人間が手厚いという言葉、今度機会があったら使ってみよう。