9月9日に九段会館で行われた「九段昇段を祝う会」

将棋マガジン1984年11月号グラビア「九段昇段を祝う会」より。

 一番最初の提唱者は米長三冠王。そのため随分とシャレッ気というか茶目っ気の多い会になり、終始笑いが絶えなかった。

 まずは設定からふるっている。日にちは無論9月9日。となれば、ところは当然九段会館だ。会費は棋士が九千円で記者は九百円と九づくめなのである。そしてどういうわけか令夫人同伴は「一万円」という具合。この辺までは誰でも思いつきそうだが、谷川名人も出席すると知るや「名人一期で確か九段だったよな」と谷川名人を前の席に押し出したり、もうちょっとで九段昇段の勝ち星に到着しそうな広津、桐山両八段を”見習い九段”として司会者に紹介させるなど、三冠王のヒラメキはいや増すのだった。

 これには「拍手係のつもりで来た」谷川名人も、無理やり(?)あいさつに立たされた桐山八段も苦笑するばかり。こんな和やかな雰囲気が最後まで続いた。なお、南口九段は病気のため、小堀九段は所用で欠席。

* * * * *

この年の4月1日、勝数規定が新設されて(八段昇段後公式戦250勝)、五十嵐豊一八段、小堀清一八段、南口繁一八段、加藤博二八段、芹沢博文八段、関根茂八段、大内延介八段の7人が九段となった。

また、谷川浩司名人も名人獲得1期で同日付で九段になっている。

* * * * *

九段会館は、1934年に竣工されており、戦前は軍人会館という名称。「二・二六事件」の時には、戒厳司令部が九段会館内に設置されている。

歴史的な建物だったが、2011年の東日本大震災で天井が崩落し2人が亡くなり、廃業となった。

国有地となっていたが、2017年に東急不動産が落札。2022年度中に、九段会館の建築様式を残しつつ、地上17階建ての複合ビルに生まれ変わる予定だ。

* * * * *

「九段」という土地名の由来は九段坂と呼ばれた坂にあり、なぜ九段坂と呼ばれるようになったかについては、九段になった長屋があった、急な坂で九つの段があった、など諸説ある。

* * * * *

九段会館の最寄駅は東京メトロ「九段下」駅。

九段の下なので駅は八段だ。

 

 

「本の通りに負ける方が悪い」

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 棋士はよく扇子を持ち歩いている。対局中は頭に血が昇るので冷やすために使うのだが、中には自分の頭をタタいてリズムをとる者もいる。ある時扇子を忘れた石田和雄八段に新品を貸したところ、対局終了後に戻された物は無残な姿になっていた。

  • 野本虎次七段(当時四段)が加藤一二三九段相手に定跡書通りの展開となり、一手ずつ本を読みながら指して勝った。後日異論が出たが「本の通りに負ける方が悪い」という声が大勢で不問。この本は故・山田道美九段著の『現代将棋の急所』

  • 最近はカラオケ全盛だが、棋士間にも歌好きが増加した。しかしいつの世にも音痴はつきもの。ある時舞台で歌った田丸昇七段、司会の人に「今度は知っている歌をお願いします」。もっとも今は月謝を収めたため格段の進歩をとげたという説もある。

* * * * *

現在では、石田和雄九段の扇子の話は有名になっているが、この頃から話が世に出始めたのかもしれない。

闘志をかき立たせるために扇子で頭を叩くという説明もある。

石田和雄九段とぼやき

* * * * *

山田道美九段の『現代将棋の急所』は昭和40年代に文藝春秋から発行された厚い書籍。

山田定跡が元となっており、振飛車党の人が読むとかなり落ち込んでしまうような内容だった。

この、野本虎次四段-加藤一二三八段戦(段位は当時)は、1969年の王位戦予選と思われる。

次のような展開だった。

1図からの指し手
△8六同歩▲同銀△8二飛▲6五歩△同歩▲7五銀△5一角▲8四歩(2図)

2図からの指し手
△4五歩▲同銀△4四銀右▲同銀△同銀▲6四歩△3三角▲6三歩成、以下、79手で野本四段の勝ち。

どこまでが『現代将棋の急所』に載っている手順かはわからないが、定跡というよりも、山田道美八段(当時)の研究手だったのかもしれない。

加藤一二三八段の応手が正しくないと、数手で本から離れてしまうわけで、そういった意味では加藤一二三八段と山田道美八段の読みが合っていたということになる。

まさに古き良き時代の出来事だ。

 

 

 

「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 対局中の食事は好みがあるが、充実感がないと深夜まで頑張れないというのか鰻重とカツ丼に人気がある。しかし胃に物を入れると考えるジャマになるといって少食の者も多い。升田幸三九段の昼食はいつも「生卵3個」だった。
  • 米長邦雄十段は”チャメ長”と呼ばれた。若い頃酒を飲んだ後「自分のサインをする」といって道路にオシッコで字を書いた。それが何と”米長邦雄”としっかり読めたので一同感心したという。
  • 中原誠名人が2、3人の若手を夕食に誘った。この場合習慣で会計は名人払いになる。最初に中原名人は「今日は持ち合わせが少ないから安い店にしよう」といったところ、野本虎次七段「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」
  • 嫌いな食べ物では谷川浩司棋王のエビとカニ。高橋道雄王位がイカとタコ。青野照市八段の鳥肉が有名。大山康晴十五世名人に「何でも食べるようにならなければダメだよ」といわれた青野八段「でも大山先生も猫は食べないでしょう」

* * * * *

なぜ食べ物の話の中に道路にサインの話があるのか分からないが、とにかくそういうことだ。

* * * * *

升田幸三実力制第四代名人の対局時の昼食はゆで卵2個という記録もある。

生卵とバナナは、はるか昔は高級品とされていたので、その名残りもあったのかもしれない。

* * * * *

「今日は持ち合わせが少ないから安い店にしよう」

たしかに、千駄ヶ谷には銀行が見当たらない。

調べてみると、国立競技場のそばに「ゆうちょ銀行 本店 JP共済会館内出張所」、原宿へ向かった方に「三菱東京UFJ銀行青山支店千駄ヶ谷三丁目出張所」があるだけで、それぞれ気軽に立ち寄ることができる距離でもない。

コンビニにATMが設置されるようになったのは1998年以降。

クレジットカードを使うことができない店もあるので、千駄ヶ谷近辺で現金の持ち合わせが少ない場合は、安い店を選択するに越したことはない。

そういった意味では、野本虎次七段「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」という現金主義も正着と言えるだろう。

* * * * *

私はタコやイカは嫌いではないけれども、積極的に食べたいとも思わない微妙な位置付けの食べ物。

少なくとも、タコ焼きにはタコが入っていないほうが美味しいのではないかと思っている。

 

 

車の免許を持つ棋士が少なかった時代

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 最近増えたといってもまだ車の免許を持つ棋士は少ない。その中で古豪の佐瀬勇次八段は趣味がドライブという変り種。しかし米長邦雄十段ら弟子達は皆無免許。そこで師匠運転、弟子座席という図がよく見られる。これが一門和合の秘訣?

  • 島朗六段も免許を持つ。沖縄旅行でレンタカーを借りたが、曲がる道を一本間違えあわててハンドルを切ったため対向車線に入る。中央分離帯があって戻れず次の交差点まで”勝負”と叫んで走ったという。こういう人に免許を渡してはいけない。

  • 変わり者の多い棋士達の中でも仙人と呼ばれるのが富澤幹夫八段。ある時交番が脇にある交差点で赤信号を無視して道を渡り、クラクションの渦となった。驚いた警官が注意したが平然と一言「ここに交番があるからひかれないと思いました」

* * * * *

「ここに交番があるからひかれないと思いました」

少しだけ感覚が理解できるような感じがする。

警官が見ているのだから、まさか目の前で轢くようなことはしないだろう、という感覚だろうか。

それにしても恐ろしい。

* * * * *

1987年のこの当時、運転免許を持つのは丸田祐三九段、有吉道夫九段、大友昇九段など、かなり限られていた。

* * * * *

私も運転免許を持っていない。

中学時代、バスに乗っていて、バスが狭い曲がり角を見事に曲がるのを見て、自分にはとてもこのような技は使えない、免許は取らない方がいいかなと思い始めるようになる。

高校時代、バス通学をしていたが、途中の停留所に運転免許試験所だったか運転教習所があり、ここで降りていく人達にリーゼントの怖そうな若者(この当時、暴走族の全盛期だった)が多く、このような怖そうな所には行きたくないと思い、更に運転免許を取ろうという気持ちは薄くなる。

大学時代、酒を飲み始めるようになると、なぜかはわからないが、運転免許を持ったら絶対に飲酒運転をしてしまうだろうという確信を持つようになった。酒が強かったからだと思う。

そういうこともあり、今に至るまで運転免許を持とうという気持ちには一度もなったことがない。

* * * * *

ところで、平成になってから、運転免許を持つ棋士が増えてくる。

どうして、それまで運転免許を持つ棋士が少なかったのか、理由はわからない。

少なくとも、私と同じ理由ではないことは確かだと思う。

 

 

米長邦雄三冠(当時)「中原先生もこの将棋を負けてはいけませんねえ」

将棋マガジン1984年12月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。

 前日は対局が全部終わってから例のごとく「マルセイユ」へ行き、会館へ戻ってからもまだ話し込んで、ほとんど徹夜だった。それにもかかわらず、この日も真夜中までしっかり取材できたのは、眠気など吹っ飛ぶほどのおもしろい一日だったからである。

午後2時

 特別対局室は、米長-加藤(一)戦(十段戦)が最上席で、となりは中原-森(雞)戦(連盟杯)。

 はて、21日に中原と米長が並んで対局した時は、中原-大野戦が最上席だったが……。まあそんなことはどうでもよろしい。

(中略)

 米長-加藤(一)戦は、十段戦の挑戦権と残留に重大な関わりのある一戦だから、当然ペースが遅い。対して、となりの中原-森戦の方は早くも戦いが始まっている。

 7図は石田流に対して、「中原定跡」と呼ばれる急戦を仕掛けた局面。中原の次の一手は、さすがに本家と見る人をうならせた。

7図からの指し手
▲6六歩△2四飛▲2八飛△1七桂成▲2四飛△同歩▲1七香△2六飛▲4一飛△4六歩▲3八銀△2八飛成▲7五桂(8図)

 ▲6六歩は、アレッと誰もが小首をかしげた。ちょっとおかしいんじゃないの、というわけだが、とりあえず以下の進行を見ているうちに感嘆の声に変っていった。

  森は△2四飛と回り、▲2八飛と受けたのに対し、△1七桂成から強引に飛車を交換する。そして、△2六飛がしゃれた打ち場所で、△4六歩を利かして、△2八飛成と成り込んでは、うまく指し回したかに見える。

 ところが8図を見ていただきたい。▲7五桂と打たれて後手に受けがないのだ。△3八竜は、▲6三桂成△同玉▲6一飛成まで、まさかと思われるが、どうにもならない。

8図からの指し手
△5二銀▲4四飛成△3八竜▲4六竜△2九竜▲6五角△5四歩▲5五歩△3九竜▲8三角成△6二玉▲5四歩(9図)

 森自身も呆れただろう。△5二銀以外に受けがなく、▲4四飛成と角を抜かれたのだから。おまけに、▲4六竜と命綱の歩を取られ、さらに▲6五角まで残ったのだから、ひどいなんていうものじゃない。

 ▲8三角成の前に▲5五歩も抜け目のない手順で、▲5四歩と取り込んだ9図は、将棋はオワ、終っている。こういうのを、完璧な手順、と云うのではあるまいか。そこには、血が逆流するような鬼手もなく、息をのむ妙手もない。もちろん、狂ったかと思わせる異常感覚の手があるわけでもない。ただ初心者でも指せそうな平凡な手が続いているだけである。▲4一飛、▲4六竜、▲6五角……みんなやさしい当り前の手である。それが、何手か経つと必勝形になっている。これが中原の至芸である。「自然流」とは、よくぞいったものではないか。

(中略)

午後4時

 終わっている頃だと思って特別対局室へ行くと、やはり感想戦になっていた。板谷が、「またタネができたよ」といったが、これはなんのことかわからなかった。まさか、あの9図の局面から波乱が起るとは思えなかったので……、事実はなんとやら、それが起ったのである。

 12図はその後の局面。

 9図から57手。その間中原はぐずりにぐずった。50点、40点の手ばかりを指して、何度か決め所を逃した。慧眼の読者なら盤上に取り残された3四の桂を見て、その有様を想像されるだろう。そうして12図。ここが最後のチャンスだった。▲7三桂と打ち込み、△同銀▲同銀成△同金▲同馬と必至をかければ、先手玉は詰まないから勝ち。

12図からの指し手
▲8五銀△4七飛▲7七桂△6七金▲8七玉△7八金打▲9六玉△8八金▲7四銀△8七銀▲8五玉△7六銀不成▲7五玉△7三歩▲7六玉△7七金▲6五玉△4三飛成 
 まで、128手で森八段の勝ち

 手順だけを掲げておく。中味については語りたくない。もし盤上に並べていただけるなら、この気持わかっていただけるだろう。

 何度でも書くが、必勝の局面で、このくらいでいいだろう、などと甘く見て決め手を逃したり、あれもよい、これもよいと迷ったあげく、指した直後に悔やんだりすることはよくある。よくあるが、それは並の棋士の話である。中原にはそんなことはなかった。

 感想戦をかなりの棋士が見ていた。しかし口数は少ない。

 みんな一種の痛ましささえ感じていた。その空気を察して、となりから米長が立って来た。しみじみと「中原先生もこの将棋を負けてはいけませんねえ」といった。

 中原は「そうだよな」と頭をかかえた。それがあまりに深刻そうなので、米長は慌てて「こんなことはよくあるけどね」といい足した。

* * * * *

「血が逆流するような鬼手もなく、息をのむ妙手もない。もちろん、狂ったかと思わせる異常感覚の手があるわけでもない。ただ初心者でも指せそうな平凡な手が続いているだけである。(略)みんなやさしい当り前の手である。それが、何手か経つと必勝形になっている。これが中原の至芸である。「自然流」とは、よくぞいったものではないか」

もちろん、中原誠十六世名人にも有名な▲5七銀のような血が逆流するような絶妙手が沢山あるが、この河口俊彦六段(当時)が書いた自然流が中原十六世名人の真骨頂。

7図から9図に至る手順は、名人なのだから当たり前と言えば当たり前なのだが、まさしく名人芸。

この対局に勝っていれば、中原十六世名人の名局になっていたことだろう。

* * * * *

中原十六世名人は石田流崩しの家元のような存在。

石田流の悲劇(前編)

石田流の悲劇(後編)

この一戦の中原流石田崩しは、石田流の悲劇(後編)バージョンの変形。

* * * * *

しかし、この頃は中原十六世名人が絶不調の時。

9図の圧倒的に優勢な局面から敗れてしまう。

不調とは、最初から最後まで不調なのではなく、部分的に不調が現われ、それが全体の足を引っ張る、ということなのだと見ることができそうだ。