谷川浩司九段「向こうさんは、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

近代将棋1987年10月号、高林譲司さんの第28期王位戦七番勝負〔高橋道雄王位-谷川浩司九段〕第4局観戦記「谷川 王位奪取あるか」より。

 早くも継ぎ盤の田中魁秀八段は、「谷川さんの優勢な変化ばかりになる」という。

 午後5時半が封じ手の時刻。高橋王位は指し手をすでに決めており、時間とともに立ち上がった。昔は封じ手時刻のあと延々と考えることがよくあった。高橋王位は大抵、定刻に封じる。このあたりにも現代的な合理性が感じられる。

 夕食は一同、一緒にとった。高橋王位は新聞に目を通しながら、やはり口数は少ない。谷川九段は観戦記者たちと談笑。食事のあと、麻雀を少しやろうという話になった。

 記者室が麻雀の対局場。さて勝負と部屋に入ったとたん、テレビが大声を出した。クロマティが今、サヨナラホームランを打ったところだ。阪神ファンの谷川九段が、

「向こうさん(高橋王位)は、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

 と悔しそうな表情。麻雀もちょいへこみで、「ヘンなものを見ちゃったから」

 半荘1回で、谷川九段は部屋に引き上げた。

(以下略)

* * * * *

谷川浩司九段は熱狂的な阪神タイガーズファン。

高橋道雄王位(当時)は熱烈な巨人ファン。

「クロマティが今、サヨナラホームランを打ったところだ」

ウォーレン・クロマティは、1984年から1990年まで巨人で活躍した。

ホームランを沢山打ち、打率も高い人気選手だった。敬遠の球を打ちサヨナラ安打にしたという実績もある。

* * * * *

「向こうさん(高橋王位)は、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

調べてみると、この日の試合は巨人-阪神戦ではなく、巨人-広島戦(2X-1で巨人の勝ち)。

阪神が負けたわけではなく、巨人が勝っただけでこのような発想をするところが、勝負師の真骨頂と言えるだろう。

* * * * *

1987年度、セリーグでは巨人が1位で阪神が最下位となっている。

谷川九段にとっては、野球に関しては見るもの聞くもの、ストレスがたまることばかりの年だったということになる。

* * * * *

「半荘1回で、谷川九段は部屋に引き上げた」

少し負けたなら、もう1回半荘をやって気分良く終わろう、と思うのが人情だが、1回だけで切り上げるのが自制心の強いところ。

見習いたい。

コメントを残す