有吉道夫九段

現役最年長棋士である有吉道夫九段(74歳)が、昨日の順位戦C級2組9回戦で松本佳介六段に敗れて2勝7敗(3度目の降級点)となり、フリークラスの年齢規定により3月31日付での引退が決まった。

A級21期、タイトル戦登場9回、1000勝達成、1973年に中原誠名人から棋聖位を獲得するなどの名棋士だった。

55年間の現役生活にひと区切りをつけることになった有吉九段だが、読売新聞のネット記事に掲載されている有吉九段の笑顔がとてもいい。

読売新聞の記事

有吉道夫九段は、大山康晴十五世名人門下。

井口昭夫さんは1985年のA級順位戦、大山康晴十五世名人-有吉道夫九段戦の観戦記で次のように書いている。(井口昭夫将棋観戦記選集 上より)

数多い将棋界の師弟の中でも二人の関係は緊密だ。同じ岡山県の出身で、有吉は大山家の内弟子になった。大山が脚光を浴び、将棋で家をあけることが多くなると、有吉は稼業の精米業を手伝った。大山夫人は有吉がトップ棋士になった現在でも、家では”みっちゃん”と呼んでいる。

(中略)

有吉五十歳。大山と一回り違うイノシシ年である。将棋界のイノシシ年の系譜は有名で、故土居市太郎名誉名人、故大野源一九段、大山、有吉、中原誠名人がそれぞれ一回り違う。

有吉がひとたび獲物を得て跳びかかる姿はまさにイノシシであるという定評もある。

攻めの棋風を持つ人は、自玉を固くする。攻めが強いだけに、相手の攻めに対しても人一倍の警戒心を持つということだろう。有吉はその典型である。中には二上九段のように、同じ攻めが得意でも、自玉を囲うことより速攻を狙うタイプの棋士もいる』

自玉を固め猛烈に攻めるのが闘志溢れる有吉流。

金子金五郎九段は次のように書いている。

近代将棋1970年9月号「金子教室」より。

『有吉さんは理詰めで序盤をしぼる山田(道美)的な棋風とは正反対にある。相撲でいえば、山田は仕切りの立ち上がりの一瞬を大切にする。次に前さばき(有利な組み手にするまでのテクニックで序盤の前期)もうまい。そして「押し」で行く。どこまでも理詰めである。有吉さんの戦いぶりは、「投げ技」を使ってやろうという気持ちがはじめから終わりまであるように思える。前さばきのという段階(序盤の後期にあたる)でも、この投げ技を前提にしている。(と思う)』

有吉九段はひとつの大きなスタイルを持っていたと思う。

今後も盤上以外での活躍を続けてほしい棋士だ。

今日はA級順位戦8回戦一斉対局日

今日はA級順位戦8回戦一斉対局の日。

ラス前であり、名人挑戦者が決まるわけでもないのだが、今日の対局はそれぞれの棋士にとって大きな意味を持つ。

(対戦の左側の棋士が先手)

三浦弘行八段-谷川浩司九段戦

5勝2敗のトップ同士の戦い。

勝てば名人挑戦に大きく近づき、最悪の場合でもプレーオフには必ず出場できる。

負けると最終局に勝ったとしても他力でのプレーオフ出場になってしまう。

この差は大きい。

丸山忠久九段-郷田真隆九段戦

4勝3敗同士の戦い。

勝てば、他力ながらプレーオフ出場の夢が残る。

負けるとプレーオフの目はなくなる。

この差も大きい。

木村一基八段-森内俊之九段戦

木村八段が3勝4敗、森内九段が4勝3敗。

木村八段が勝てば降級の心配がなくなる。負けると降級の可能性が残るが、藤井九段も敗れた場合は木村八段の降級がなくなる。

森内九段が勝てば、他力ながらプレーオフ出場の夢が残る。負けるとプレーオフの可能性がなくなる。

高橋道雄九段-井上慶太八段戦

高橋九段が4勝3敗、井上八段が3勝4敗。

高橋九段が勝てば、他力ながらプレーオフ出場の可能性が残るとともに、降級がなくなる。負けるとプレーオフの可能性がなくなるとともに、藤井九段、木村八段がともに勝った場合は降級の可能性を持ち続けることになる。

井上八段が勝てば、最終戦で自力で降級を免れることができるとともに、藤井九段が敗れた場合に降級がなくなる。負けると降級の可能性を持ち続けることになり最終戦も他力になってしまう。

藤井猛九段-佐藤康光九段戦

藤井九段が2勝6敗、佐藤九段が1勝7敗。

藤井九段が勝てば、他力ながら降級を免れる可能性が残る。負けて、木村八段か井上八段のどちらかが勝った場合は降級が決定。木村八段も井上八段も敗れた場合は、最終戦で藤井九段(対森内九段戦)が勝ち、井上八段(対木村八段戦)が敗れた場合のみ、降級を免れることができる。

佐藤九段が勝てば、木村八段と井上八段がともに勝った場合以外は、他力ながら降級を免れる可能性が残る。木村八段と井上八段がともに敗れた場合、最終戦は木村八段-井上八段戦なので、順位の関係から自力で降級を免れることができる。

負けると降級が決定。

*****

書いていて胸が苦しくなりそうになる。

やはり勝負の世界は厳しい。順位も大きい。