カーリングに思う

たまたま今週の月曜日の記事「ダイ・ハードな銀」で、1976年NHK杯戦、有吉道夫八段-青野照市五段戦のことを取り上げたが、昨日行われたNHK杯将棋トーナメントの予選で有吉九段が3連勝し、本戦出場を決めた。

まだまだ現役 将棋の有吉九段、3連勝でNHK杯本戦へ(朝日新聞)

全くの偶然ではあるが、同じNHK杯での活躍ということで何か嬉しい感じがする。

有吉九段は引退が決まった後、棋王戦予選(対 平藤眞吾六段)に続いて4連勝したことになる。

*****

バンクーバーオリンピック、カーリング日本女子代表のチーム青森が話題となっている。

4年前のトリノオリンピックの時に比べて、マスコミでの扱いが格段に大きくなっている。とても良いことだと思う。

私は、2006年将棋ペンクラブ会報春号の「編集スタッフからひとこと」欄に次のように書いていた。

『カーリング娘の大ファンになりました。あの、けなげさと懸命さには心を打たれます。…しかし、若い女性をみて「けなげ」と感じるようになっては、私も立派に中年道を突っ走っているのでしょうか。少しだけ悔しい』

2006年の一時期、私がカーリング観戦に夢中になったのは確かだが、今回個人的にショックだったのは、カーリングのルールをほとんど覚えていなかったということ。特に点数の計算方法など。

一時ファンになったとしても、にわかファンの心は移ろいやすいものだと、我が身を振り返りつくづく思った。

*****

それで考えるのは将棋のこと。

1996年に、羽生善治七冠誕生とNHK「ふたりっ子」の大ヒット、そして、民放テレビ番組でも将棋が取り上げられるようになって、1996年は将棋界にとって非常な追い風の年だった。

そのタイミングで、業界的にも普及のための努力や新しい試みなどが精力的に行われていた。

しかし、将棋人口が決して増えたわけではなく、将棋道場が閉鎖するペースは変わらなかった。

同じ年に、初心者をターゲットとした「将棋マガジン」が廃刊になり、1997年前半には、近代将棋の経営が思わしくなくなり、経営権が変わった。

もちろん、この時期から将棋ファンになり将棋を指すようになった人がいることも確かだが、全体の流れを変えるほどの人数ではない。

私のカーリングのごとく、一時は夢中になってもファンの心は移ろいやすい。

カーリングは、ルールを知らなくともテレビを見ているうちに分かってくるが、将棋はそうもいかないから、もっと条件は良くない。

どんなにテレビで露出が増えても、それだけでは将棋人口の増加には結びつかないことになる。

将棋を継続的に趣味とする人を増やすことを「狭義の普及」と考えた場合、最も大事なのは、将棋に興味を持った人に対して、その気持を継続し将棋を趣味として続けてもらうための受け皿だ。

そういう意味では、亡くなった新井田基信さん、「杜の都加部道場」の加部康晴さん、「棋友館」の小田切秀人さんに代表されるような方々が、日本中に300人いれば、理想的な狭義の普及環境になるのかもしれない。

地道で継続的な普及活動、それが一番強いし効果的だと思う。

テレビでカーリングを見ながら、そのようなことを考えた。

*****

2002年ソルトレイクシティオリンピック時のチーム青森のメンバーがモデルとなった映画。

 

シムソンズ 通常版 [DVD]シムソンズ 通常版 [DVD]
価格:¥ 3,800(税込)
発売日:2006-07-28

谷川浩司九段、十七世名人獲得の一局

昨日の内藤國雄九段に続いて神戸組。今日は、谷川浩司九段らしさが非常によく出ている一局を。

1997年名人戦第6局、羽生善治名人(先)-谷川浩司竜王戦。

谷川浩司九段が十七世名人の資格を獲得した一局になる。

この対局は、プロが驚く強手が4回出現する。

将棋世界および近代将棋の1997年8月号より。

photo (8)

1回目

この図面は、雑誌などで何度か取り上げられているかもしれない。谷川竜王が△8六銀と、銀を只捨てしてきた局面。

ここから▲同銀△8八歩。

ここで△8八歩を▲同金とすると、△6六歩▲同銀△6五歩▲7七銀右△8六飛▲同銀△8八角成【変化1図】となって、攻撃が成立する。

photo_2 (3)

これではまずいので、△8八歩以降、▲7七桂△8六飛▲8七歩△8四飛▲8八金△6六歩▲同銀と進む。

photo_3 (2)

決して谷川竜王が有利になったわけではないが、言い分は通した形。

2回目

photo_4 (3)

その後の羽生名人の指し回しが手厚く、谷川竜王の辛抱が続く。

▲4五角と飛車金両取りに打たれた絶体絶命の局面、ここで勝負手△3九角が指される。

以下、▲3八飛△7五角成▲同歩△6四飛▲6五歩。

3回目

photo_5 (1)

角を切って両取りを防いだものの、▲6五歩で再度の危機。

△同桂は、▲同桂△同飛▲3四桂で後手が持ちこたえられない。

そこで指された妙手が△5四金

以下、▲6四歩△4五金▲同銀△2七角▲2八飛△4五角成。

photo_6 (1)

こうなってみると、谷川竜王が形勢を一気に挽回した形になっている。

4回目

 

▲5五金と馬に当ててきた局面。ここで出た凄い手が△6七銀

▲同玉と取ると、△6六銀と打たれ

(1)▲7六玉は、

△6七銀打▲8六玉△5五馬▲同歩△7七銀不成で詰み。【変化2図】

(2)▲5八玉は

△5七銀打▲4九玉△5五銀▲同歩△2七馬で詰み。【変化3図】

photo_8 (1)

photo_9

2つのケースとも、絵に描いたような寄せになってしまう。

本譜は第6図以下、▲8九玉△2三馬と進み、124手で谷川竜王が勝った。

*****

この一局については、将棋世界では、谷川浩司竜王・名人による自戦解説10ページ、近代将棋は特別取材班による4ページの解説が掲載された。

谷川浩司竜王・名人による自戦解説は非常に奥深く、場面場面での心境や読みが克明に記されている。その反面、自戦解説なので、アマチュアが驚き喜ぶような絶妙手であっても、自分で指した手なので控えめな言葉で表現されている。

一方の近代将棋は、「誰もが驚いた△8六銀。絶体絶命と見えた局面を打開した△3九角。飛車取りに打たれた歩を無視した△5四金の切り返し。敵玉の一瞬のスキをとらえた△6七銀。これが谷川将棋だ、という強打を随所に見せて谷川は名人位を奪還した」と、読者に驚きの場所を案内してくれている。

棋力が高くない場合には近代将棋の記事のほうが有り難いし、棋力が高い人にとっては将棋世界の記事のほうが有り難い。

それぞれの誌面の特徴が出ているわけで、両方読めば3倍楽しめる、という良い事例だったのかもしれない。