2009年度順位戦食事別勝敗統計(概要)

2009年度順位戦全対局の食事別勝敗を集計してみた。

今日から三日間、その分析結果を書いてみたい。

将棋棋士の食事とおやつのデータによる)

2009年度順位戦の対局数は1236局。

注文なしを含めて、延べ2472回の昼食および夕食があったことになる。

2472回の内訳は次のようになる。

[全体]

昼食

注文あり 451件(245勝206敗)0.543

注文なし 785件(373勝412敗)0.457

注文率は36.5%。

夕食

注文あり 571件(292勝279敗)0.511

注文なし 665件(326勝339敗)0.489

注文率は46.2%。

「注文なし」といっても外で食べるわけなので食事をしなかったわけではないが、食事の注文があった場合(出前をしてもらった場合)の勝率は

昼食で0.543、夕食で0.511になる。(トータルでは0.525)

トータルでの勝率は、数年前の先手の勝率と同じような数値になっている。

[東西別]

2009年度順位戦の対局1236局のうち、

772局が東京の千駄ヶ谷で、464局が大阪の福島で行われている。

出前のできる店の多さからか、千駄ヶ谷の注文率のほうが高い。

勝率については微妙な差があるが、「注文あり」有利であったことは間違いなさそうだ。

①千駄ヶ谷

昼食

注文あり 305件(162勝143敗)0.531

注文なし 467件(224勝243敗)0.469

注文率は39.5%。

夕食

注文あり 390件(201勝189敗)0.515

注文なし 382件(185勝197敗)0.485

注文率は50.5%。

②福島

昼食

注文あり 146件(83勝63敗)0.568

注文なし 318件(149勝169敗)0.432

注文率は31.5%。

夕食

注文あり 181件(91勝90敗)0.503

注文なし 283件(141勝142敗)0.497

注文率は39.0%。

[クラス別]

クラス別で見ると、B級2組の昼・夕食とC級2組の夕食を除くと、「注文あり」有利の傾向が明らかに強かった。

B級2組は、昇級した中村修九段と中田宏樹八段に「注文なし」が多かったため、他のクラスと異なるトレンドになっている。

中村不思議流の面目躍如と言えるかもしれない。

①A級

昼食

注文あり 37件(21勝16敗)0.568

注文なし 53件(24勝29敗)0.432

注文率は41.1%。

夕食

注文あり 47件(25勝22敗)0.532

注文なし 43件(20勝23敗)0.468

注文率は52.2%。

②B級1組

昼食

注文あり 40件(24勝16敗)0.600

注文なし 116件(54勝62敗)0.400

注文率は25.6%。

夕食

注文あり 63件(34勝29敗)0.540

注文なし 93件(44勝49敗)0.460

注文率は40.4%。

③B級2組

昼食

注文あり 116件(55勝61敗)0.474

注文なし 124件(65勝59敗)0.526

注文率は48.3%。

夕食

注文あり 135件(63勝72敗)0.467

注文なし 105件(57勝48敗)0.533

注文率は56.3%。

④C級1組

昼食

注文あり 114件(69勝45敗)0.605

注文なし 196件(86勝110敗)0.395

注文率は36.8%。

夕食

注文あり 115件(68勝47敗)0.591

注文なし 195件(87勝108敗)0.409

注文率は37.1%。

⑤C級2組

昼食

注文あり 144件(76勝68敗)0.528

注文なし 296件(144勝152敗)0.472

注文率は32.7%。

夕食

注文あり 211件(102勝109敗)0.483

注文なし 229件(118勝111敗)0.517

注文率は48.0%。

(つづく)

激闘棋王戦

棋王戦第5局は、久保利明棋王が勝ち、棋王防衛とともに九段昇段を決めた。

終盤、佐藤康光九段が逆転し優勢になったかと思ったが、▲5四銀が敗着になったようで、棋王奪還はならなかった。

久保棋王の中盤の△5五銀は、久保棋王ならではの一手だと言える。

振飛車名人大野源一九段の捌きは芸術的だったが、久保棋王の捌きはもっと現実的で粘っこいように感じる。

大野九段の捌きは飛車を主軸にした捌き、久保棋王の捌きは飛車に拘らない捌きとでもいうのだろうか。

それにしても、私の昼食予想は全く当たらなかったが、第5局は感動的な激闘だった。

人間同士の闘いだからこそドラマが生まれる。

大山・升田のコンピュータ将棋観

大山康晴十五世名人と升田幸三実力制第四代名人、ともに不世出の大棋士であるが、物事の本質を捉える点でも名人だったといえる。

この二人がコンピュータ将棋について、どのように考えていたか。

—–

大山康晴十五世名人

「人間が負けるに決まってるじゃないか」

(東公平「升田式石田流の時代」より)

大山名人はコンピュータに将棋をやらせることに反対して「人間が負けるに決まってるじゃないか」と予言していた。

—–

升田幸三実力制第四代名人

「プロの五段ぐらいまでは行くだろうな。ボクらが一生けんめい教えたら、どういうことになるか分からんが…」

(青野照市九段「勝負の視点」より)

—–

升田幸三実力制第四代名人のコメントは1968年の将棋年鑑に掲載されていたという。大山十五世名人のコメントもほぼ同時期のものと思われる。

IBMの古典的名機であるSystem/370が登場する以前の時代の予言だから、なおのこと凄いと思う。

升田式石田流の時代―最強将棋塾DX (東公平コレクション) 升田式石田流の時代―最強将棋塾DX (東公平コレクション)
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2000-09

勝負の視点―研究と実戦の間
価格:¥ 1,223(税込)
発売日:1995-11

棋王戦第5局対局場「関西将棋会館」

棋王戦第5局は「関西将棋会館」で行われる。→中継

早速、昼食予想に入りたい。

将棋棋士の食事とおやつのデータによる)

昨年の棋王戦第4局が関西将棋会館で行われており、この時は、

久保利明棋王が「肉なん定食(うどん)」●、佐藤康光九段が「えびフライとクリームコロッケ」○だった。

また、関西将棋会館で行われた順位戦の対局での、両対局者の食事実績は次の通り。

久保利明棋王

2009年度 夕食で親子丼6回 他は注文なし

2008年度 夕食で親子丼8回 他は注文なし

佐藤康光九段

2009年度 

2回戦 昼食、夕食とも肉なんばうどん

4回戦 昼食、夕食とも注文なし

2008年度

5回戦 昼食、夕食とも注文なし

2007年度

8回戦 昼:きざみうどん 夕:鍋焼きうどん

[昼食予想]

最終戦でもあり、久保利明棋王は「親子丼」で勝負をかけてくるものと思われる。

久保利明棋王 「親子丼」

としたい。

佐藤康光九段は、昨年と同様、関西将棋会館の1Fの「レストラン イレブン」のメニューを選択することが考えられる。

今年も「えびフライとクリームコロッケ」という可能性も残されているが、ここは希望を込めて、

佐藤康光九段 「とんかつ」

としてみたい。

イレブンのとんかつは絶品ということだ。

矢内理絵子女王

マイナビ女子オープン第1局、矢内理絵子女王が勝ちそうだと思いながら昼寝をして、起きてみると、甲斐智美女流二段が勝っていた。△4六角が良くなかったらしい。

この日の午前中に放送されたNHK杯出場決定戦で矢内女王が2敗していたので、心情的に矢内女王が勝つことを願っていたのだが、そうはならなかった。

矢内理絵子女王には、凛とした華がある。

これは、先週の「里見香奈女流名人表彰式」に出席していた矢内女王を間近で見て、私が感じたことだ。

テレビや記事などで矢内女王を見慣れているせいで気付かなかったが、私が生で矢内女王を見たのは10数年振りの二度目だった。

一度目は将棋会館の近くですれ違っただけなので、先週が初めてと言っても良いのかもしれない。

矢内女王も、写真やテレビで見るよりも、実物がもっと素晴らしいタイプだ。

将棋界以外でも、もっと人気が出ても不思議ではないポテンシャルを持っていると思う。

第2局以降の矢内女王の活躍に期待したい。

*****

中村真梨花女流二段の日記が「将棋ランド」内で開始された。

「将棋ランド」は将棋SNSを中心とした総合的な将棋ポータルサイトで、無料でユーザ登録ができる。将棋に特化したmixiのようなイメージだ。

4月18日(日)には第1回将棋ランド最強戦が文京区民センターで行われる。(将棋ランドへ会員登録すれば参加申込み可能)

A級の優勝賞金が10万円ということなので、盛り上がる大会になりそうだ。