2010-02-01

日記など

王将戦第2局と女流名人位戦第2局

王将戦第2局は、手に汗握る大熱戦だった。 ハラハラするような終盤の攻防が、終わってみると一手差よりも多い手数の開き。羽生善治王将の絶妙な終盤術が印象的だった。 「王の早逃げ八手の得」の格言も痛感させられる。 なお、中継ブログに感想戦メモが局...
タイトルとURLをコピーしました