河口俊彦七段の引き出し

河口俊彦七段の文章の面白さ・深さの秘密がここにある。

近代将棋1995年10月号、青野照市九段「実戦青野塾」より。

***

河口俊彦、棋界一のライターである。イヤ、評論家と呼ぶべきであろうか。

将棋界には評論家はいないと言われている。故芹沢博文九段が、最後の評論家だったと言う人もいる。将棋はしょせん、指す人より書く人のほうが弱いのだから、評論はできないというのがその根拠だが、私はそう思わない。

手のことは、対局者の感想を聞けば良いのだし、それが万一間違っていても、取材をしないで書いたという時以外は、まず責められることはないからである。

それよりも、将棋界におけるスターであるプロ棋士達の、個性や感情を読者に伝えることができるかどうかが、書き手の差となって現れてくる。単なる手の解説を中心とした観戦記を超え、人物論、棋界論まで書けるようになれば、立派な将棋評論家と言って良いと思う。

河口の出世作は、月刊誌に長く続いている『対局日誌』である。無論、その前からライターとしての腕は高く評価されていたが、言い方を変えればライターから評論家へと変わっていったきっかけが、この『対局日誌』であったと思う。

『対局日誌』は、月に何日かの対局日を終局まで取材し、その日の将棋の模様はもちろんのこと、控室の棋士達の評判や悪口、対局者の心情までを描いたもので、それまでの将棋界にはなかった企画だけに、大いに評判を呼んだ。

というよりもそもそも、棋士に対してその内面や心情まで突っ込んだ文章は、ちょっと書けないような雰囲気が将棋界にあった。それを打破し、なおかつ『将棋ペンクラブ』まで作り、年間の優秀作品を表彰するところまで河口らが踏み込んだことにより、将棋界における観戦記及び各種の読み物が、飛躍的に面白くなったのは事実である。

各分野において、常に囲碁界に遅れをとっている将棋界が、圧倒的に大差をつけて誇れるのが、観戦記を含む文筆の世界であろう。

観戦記だけなら、ほとんど将棋界を知らない作家や、アマのライターでも素晴らしいものを書くことができる。しかし評論家となると、私は最低二つの条件が必要になってくると考えている。

それは、棋士に対していかに多くの時間を費やしたか、つまりいかにムダをしたかということと、将棋の手に対する感性、感動する能力である。その条件さえみたせば、私はアマチュアでも評論家になるのは可能であると思っている。

ムダといえば、河口の奨励会生活そのものが、ムダの固まりであった。昭和26年に6級で小堀九段門下となり、昭和41年に四段になるまでの16年弱の奨励会生活は、普通なら途中であきらめてやめていくのが当然の長さである。

この記録は、伊藤能四段の17年という新記録の前に敗れてしまい、「オレもたった一つだけ誇れる記録がなくなった」と冗談を言っていたが、逆にこのムダの長さが、文章の上での原動力となっているのは確かである。

(中略)

ムダと言えば、奨励会生活に限らず、河口はあまりにも多くのムダを重ねている。囲碁の腕は、アマの神奈川県代表になった程だし、ゴルフも連盟ではトップクラスである。

(中略)

また、夜のつき合いもかなり多い。と言っても河口は、酒がまったく飲めない体質なので、人と話をしたいがために、何軒もハシゴをすることになる。従って、外の人との交友もかなり広いし、酔った相手の本音を聞くことになる。これが評論家としての財産と言って良いだろう。

文章がうまいと言っても、しょせんは棋士であって、一流の作家のような語彙を駆使した文章を書く訳ではない。しかし大山・升田を始め、見てきた棋士の数、本音を聞いた回数においては、棋界随一であろう。そこに氏の文章が、人を感動させる要因がある。

*****

将棋ペンクラブを創設したのが河口俊彦七段と東公平さんだ。

きっかけを作ったのは団鬼六さん。将棋ジャーナルで優秀観戦記に賞金を出す企画があり、受賞したのが河口七段と東さんだった。河口七段と東さんは、その受賞賞金を基金として将棋ペンクラブ大賞を始めることにしたのだった。

そして、創設以前から全面サポートしたのが山口瞳さん。自ら最終選考委員となったりスポンサー(サントリー)を確保したり、多方面での支援があった。

棋王戦第2局対局場「北國新聞会館」

棋王戦第2局は金沢市の「北國新聞会館」で行われる。→中継

北國新聞会館は北國新聞社の本社ビルで21階建て。

北國新聞社は設立が1893年。石川県内での朝刊のシェアは70%で、全国的に見ても高い県内占有率を誇る。

自社独自の褒賞制度(北國あすなろ善行賞、北國スポーツ賞、北國風雪賞、北国文化賞など)を設け、各賞に応じた功績のあった人物や団体を表彰している。 また、少年少女美術展、生け花展など「北國」の名を冠する文化的行事を主催したり、石川県下で開催される数多くの行事で北國新聞社が後援・協賛などにある。これらの催し物は、大規模なコンサート、イベントなどから、各種学校、小規模文化教室などの発表会、個展、さらには地区の社会体育大会や夏祭りまで、幅が広い。(Wikipediaよりの抜粋)

[昼食実績]

北國新聞会館内には、喫茶「杜」、レストラン「北斗」、ラウンジがあるが、昼食は、前夜祭が行われる「金沢ニューグランドホテル」から取り寄せられる可能性が高いと推察される。また、一昨年までは「金沢ニューグランドホテル」で棋王戦が行われていた。

(昨年は北國新聞会館で行われているが、中継で昼食についての言及がなかったようだ)

将棋棋士の食事とおやつによると、過去の「金沢ニューグランドホテル」での昼食実績は、

2008年

羽生善治二冠 松花堂弁当 ●

佐藤康光棋王 松花堂弁当 ○

2007年

佐藤康光棋聖 牛めし鉄板焼き ●

森内俊之棋王 ビーフカレー ○

一方、「金沢ニューグランドホテル」の対局時の昼食向きメニューを見てみたい。

フランス料理「ロワ」

総料理長オリジナルランチ 1,890円

シェフランチ 2,625円

中国料理「犀江」

中国風懐石ランチ 1,400円~2,300円

焼きそばランチ 1,400円

お粥ランチ 1,100円

カフェレストラン「トレド」

日替わりランチ 1,100円

体にやさしいランチ 1,250円

加賀料理「友禅」

友禅弁当 2,625円

週替り「お座敷ランチ」 1,365円

「金澤玉寿司」

1人盛  1人前 850円、1.5人前 1,300円

掲載されているレストランメニューはコース系が多いので、どのようなアラカルトメニューがあるのかは想像するしかない。

[昼食予想]

久保利明棋王は、タイトル戦で弁当系を頼むことが多い。今年になってからのタイトル戦5局で、弁当系は一度しか採用されていない。そろそろの時期かと思うので、久保棋王について今回は「松花堂弁当」一本で絞ってみたい。

佐藤康光九段は、勝った時は次の対局で同じメニューを頼む傾向が強い。実例としては次の通り。

2008年棋聖戦

第1局:肉うどん○→第2局:肉うどん○→第3局:肉うどん●

2007年棋王戦

第4局:うな重○→第5局:うな重○(奪取)

2007年棋聖戦

第2局:肉うどん○→第3局:肉うどん●

2006年棋聖戦

第2局:肉うどん○→第3局:肉うどん○(防衛)

そういうことなので、佐藤康光九段は、勝った第1局で頼んだ「チャーハン」を注文する可能性が高い。また、あと2勝でタイトル奪還なので「肉うどん」でダッシュをかけてくるかもしれない。メニューにあるかどうかはわからないが、佐藤康光九段は、

第一候補 チャーハン

第二候補 肉うどん

と予想する。

詰将棋関連書籍Amazon売上TOP10(2月27日)

今週は、詰将棋の書籍のAmazonでの売上TOP10。

こども詰め将棋入門 こども詰め将棋入門
価格:¥ 966(税込)
発売日:1996-12
5手詰ハンドブック 5手詰ハンドブック
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2004-02
3手詰ハンドブック 3手詰ハンドブック
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2005-04
将棋1手詰入門ドリル 将棋1手詰入門ドリル
価格:¥ 998(税込)
発売日:2007-10-06
1手詰ハンドブック 1手詰ハンドブック
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2009-11-25
羽生対局から50問!投了図からの詰将棋 羽生対局から50問!投了図からの詰将棋
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2010-01-19
将棋3手詰入門ドリル―簡単な問題から実戦形式まで、反復して「勝つ形」を覚えよう! 将棋3手詰入門ドリル―簡単な問題から実戦形式まで、反復して「勝つ形」を覚えよう!
価格:¥ 998(税込)
発売日:2008-04-08
3・5・7手実戦型詰将棋―基本手筋をマスターし、級から段へ 3・5・7手実戦型詰将棋―基本手筋をマスターし、級から段へ
価格:¥ 998(税込)
発売日:2006-03
3手詰ハンドブック〈2〉 3手詰ハンドブック〈2〉
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2007-03
5手詰ハンドブック〈2〉 5手詰ハンドブック〈2〉
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2006-03

佐藤康光九段の入門時代

明日は棋王戦第2局。

今日は、挑戦者の佐藤康光九段の入門時代の話。

近代将棋1996年2月号、青野照市九段「実戦青野塾」より。

***

佐藤(康光九段)が奨励会に入ったのは、昭和57年12月、中学1年の時であった。その前の二~三年、佐藤は師匠の田中魁秀八段の自宅教室に通って強くなった。

「最初はもちろん弱かったけど、しっかりした子供やなあと思うた」

田中の回想である。土曜の教室が終わった後の片付けをし、それから師匠との特訓が始まる。遅くなった日は、師匠宅に泊り込むこともあった。ちょっとした、通いの内弟子といった感じだった。

佐藤は師匠に直接教えてもらって強くなった、数少ない例の一人である。奨励会に入る直前頃は、すでにたまには平手で師匠を負かすようになっていた。無論、練習将棋でのことだが、感想もハッキリ自分の意見を言うので驚いたと言う。

奨励会に入って間もなく、佐藤一家は、父親の転勤で、関東に移ることとなった。田中がまだ中学生だった弟子を心配して、

「東京で面倒見てくれる先生を紹介するし、何やったら師匠を変えてもええよ」

と言ったのを、佐藤は大丈夫ですと言って断った。

「将棋やめたらあきまへんで」

これが田中のはなむけの言葉であった。

この子はモノになるという予感があったと言う。

後年、佐藤は私の主宰する研究会に来ていたことがある。四段になった直後くらいだったろうか。その佐藤を見た私の妻が、

「佐藤さんはいい顔をしている。目が違うのよ」

と言っていたことがあった。どう違うかというと、人と話している時でも、何か遠くを見ているような目なのだと言う。

これと同じことを、最近もう一度言った。森内俊之八段が、伊豆高原の自宅に遊びに来たときである。冗談で、霊媒師になれば良かったと言っている妻には、何か違うものが見えたのかもしれない。

*****

タレントで多くある例だが、写真よりも実物のほうが数倍男前なのが佐藤康光九段だ。なんらかのオーラを持っている感じがする。

それにしても、青野九段の奥様も本を書けば、かなり面白いのではないだろうか。

 

 

佐藤康光九段の将棋入門書

1997年の衛星放送の将棋関連の番組で、森内俊之八段と佐藤康光八段が、当時のアイドルタレント佐藤藍子さんと共演した。

休憩時間に森内八段は、佐藤藍子さんに「将棋はできますか?」と声をかけた。

佐藤藍子さんはあまり将棋を知らないようだったが「僕、最近将棋の入門書を出したんですよ」と言って、次の休憩時間には入門書にサインしてプレゼントした。

このことを聞きつけたのが中井広恵女流五段。

(段位は当時のもの)

近代将棋1997年10月号、中井広恵女流五段の「棋士たちのトレンディドラマ」より。

—–

後日、森内八段に会ったので、さっそく真相を確かめてみた。

「この間、あの佐藤藍子に速攻をかけたんだって?」

すると、隣にいた佐藤康光八段が、

「ちょっと広恵ちゃん、聞いて下さいよ。ずっと休み時間も二人で話しているんですよ。絶対森内君怪しいからよく調べて下さい」

佐藤八段がこんなにムキになるなんて、彼も狙っていたのかしら?

「入門書にサインしてあげたんでしょ?」

とさらに突っ込みを入れると、

「たまたま持っていたんで…本当ですよ」。

「またぁ、ちゃんと用意していったくせに。で、やっちゃん(A級の先生に大変失礼なのだが昔からそう呼んでいたので)はあげなかったの?」

すると、急に佐藤八段が真剣な面持ちで、

「広恵ちゃん、入門書出していますか?」

と聞いてきた。

「次の一手の本は出しているけど、入門書はないの」

「一冊は出しておく一手ですよ。初対面の人にあげるには一番ですから。僕も今まで入門書の大切さがわからなかったんですけど、この日ほど出していなかったことを後悔した時はありません。だって、佐藤藍子さんにいきなり『康光流現代矢倉』をあげても変な人と思われるだけでしょう」

確かに、あの本はプロが読んでも、面白い高度な本。初心者がもらっても、目をパチクリさせてしまうだろう。

森内八段には、それから何を聞いても「さぁー」とはぐらかされるばかり。一方、佐藤八段は、よほど悔しかったのか、ずっと入門書の話ばかりしていた。

そして、さんざん話をした後、私の顔を見てアッと叫び、決まり文句の

「原稿には書かないで下さいよ」。

ごめんね、書いちゃった。でも、あの時約束はしなかったものね。

*****

調べてみると、佐藤康光九段の入門書が、この翌年に出版されている。

電光石火の速さだ。

将棋入門 (小学館基本攻略シリーズ) 将棋入門 (小学館基本攻略シリーズ)
価格:¥ 840(税込)
発売日:1998-06

ちなみに、森内俊之九段が佐藤藍子さんにプレゼントした入門書は、次のものになると思われる。

はじめての将棋―図解・すぐ役に立つ実戦入門 (森内優駿流棋本ブックス) はじめての将棋―図解・すぐ役に立つ実戦入門 (森内優駿流棋本ブックス)
価格:¥ 945(税込)
発売日:1997-04