将棋ペンクラブ会報「新春対談」余話(後編)

中井広恵女流六段と高田宏将棋ペンクラブ会長(当時)の対談の翌月、幹事会終了後の飲み会で、翌年の対談は林葉直子さんにお願いしてみようという話になった。実現できれば高田宏会長も喜んでくれる。

秋になったら、湯川さんから林葉さんに連絡を入れる段取りだ。

—–

その年の6月、将棋ペンクラブ幹事のWさんから、一緒に飲みに行こうと誘われた。六本木のライブハウスの割引チケットが手に入ったらしい。

そのライブハウスはビートルズ専門店で、私も2度ほど行ったことがあった。

男二人でアマンド前で待ち合わせ、芋洗坂を下りていく。 …ところが、私はビートルズよりはローリング・ストーンズのような不良度数が高い音楽のほうが好みなので、あまりビートルズには気乗りがしない。ビートルズを居飛車とするとストーンズは振飛車か。

歩いているうちに、林葉さんが経営するインド料理店「ウーカレー」が至近距離にあることに気がついた。

「ビートルズは延期して、林葉さんの店へ行ってみましょう」

私がそう言うと、Wさんも提案に乗ってきた。

私もWさんも「ウーカレー」は初めてだった。

(店の様子や料理はこのサイトの記事が詳しい→林葉直子さんのお店 本格インド料理「Woo Curry」

林葉さんがいた。生で見るのは初めてだった。

思わず来てしまったが、迷ったことが一つあった。

対談のお願いを今してしまうかどうか。

私の中では、直接交流のあった湯川博士さん、恵子さんから正式にお願いをしたほうが手堅いという思いが大きかったが、このままカレーを食べて帰ってしまったのでは、折角の機会なのに子供の使いになってしまう。敬愛する高田宏会長の顔も浮んできた。

Wさんとも打ち合わせて、対談のお願いをすることにした。

林葉さんが席に来てくれた。

「いらっしゃいませ。お店に来ていただくのは今日が始めてですか?」

私もWさんも緊張している。

「は、はい」

「将棋とか、指されるんですか」

「え、ええ。それはもう、」

「この店でも将棋ができるんですよ」

「実は、、私達は将棋ペンクラブで幹事のようなことをやっているのですが、突然ですがお願いしたいことがありまして… あっ、我々、決して怪しい者ではありません」

と言って名刺を渡した。これほど怪しい名刺の渡し方もない。

対談のことを話すと、林葉さんは快諾してくれた。

ホッと一安心。

その後、湯川さんたちと1回、知人たちと2回、「ウーカレー」へ行った。

「ウーカレー」という店名は「うー、辛え」が語源になっている。

残念なことに、「ウーカレー」はその年の11月に店を閉めてしまう。

—–

翌年、2006年2月に林葉直子さんと高田宏将棋ペンクラブ会長の対談が行われた。場所は、高田さんのご自宅に近い自由が丘の居酒屋。

とても良い対談だった。

林葉さんに何度かお会いして感じたことは、素顔の彼女は、将棋が大好きで中学の制服を着て東京へ出てきた頃のままの純粋な心を持ち続けているということだ。

将棋ペンクラブ会報春号予告編および将棋ペンクラブの入会方法

3月13日(土)に将棋ペンクラブ会報春号が発送されます。

今回の号は、

  • 木村晋介弁護士と高田宏さんの対談
  • 藤内門下時代に内藤國雄九段の兄弟子であり、名古屋時代の小池重明氏の将棋の師匠筋にあたるアマ強豪、湯川寿香さんによる自伝的エッセイ第1回(長期連載開始)
  • 昨年末の将棋寄席レポート(2編)

などをはじめとして内容満載です。

(私の原稿も掲載されます)

この機会に将棋ペンクラブへ入ってみようとお考えの方は、是非ご検討ください。

将棋ペンクラブ会員数は2009年12月時点で440名、うちプロ棋士は30名です。

—–

[将棋ペンクラブへの入会方法]

入会資格は一切ありません。入会金も不要です。

下記振替口座への会費納入をもって入会となります。

○年会費:3,000円

 (賛助会員、法人会員は10,000円)

○郵便振替 00270-9-45693 将棋ペンクラブ

  • 会報が送られますので、通信欄に住所、氏名、電話番号をお忘れなくご記入いただけますようお願い致します。
  • 毎年、会報の冬号には会員名簿が掲載されますが、住所掲載を希望されない方は、その旨、申し込み時の通信欄に「県名まで」「市町村名まで」など掲載可能範囲を御記入いただくか、事務局までご連絡ください。
  • 会費の期間は1月から12月までになります(途中入会も同じ)。
  • 賛助会員・法人会員は交流会への参加が無料となります。

会員になると

  • 3月、9月には雑誌「将棋ペン倶楽部」(64~104頁)が。 6月、12月には冊子「将棋ペン倶楽部通信」(32頁位)が届きます(計・年4冊)
  • 将棋ペンクラブ大賞候補作の推薦ができます。
  • 会報への投稿ができます。

また、5月には東京と大阪で交流会が、9月には将棋ペンクラブ大賞贈呈式が開催されます(会費は別途必要です)。

将棋ペンクラブ公式ホームページ

不明な点は下記事務局へお問い合わせ下さい。

[事務局]

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 1-8 アカシヤ書店内 将棋ペンクラブ   

メール:penclub◎akasiya-shoten.com (◎を@に変更して送信)

☆将棋ペンクラブ会員の方は、アカシヤ書店で5%引きで本を購入することができます。