久保利明二冠誕生

昨日の王将戦第6局は、久保利明棋王が羽生善治王将に勝ち、王将位を奪取した。

以前の記事で、羽生三冠が2000年以降の二日制タイトル戦の第4局目で1勝3敗になったことが9回あり、9回とも七番勝負は敗れているということを書いたが、今回も突破することはできなかった。

1勝3敗から4勝3敗にするというのは、本当に困難なことなのだと思う。

王将戦は王座戦に次いでタイトル移動が少ない棋戦で、羽生三冠が王将でなかった年は1995年度(羽生七冠誕生の時)以降、2001年度と2003年度の2年のみ。

滅多に起きないことが起きたことになる。

それだけに、久保王将誕生のニュースバリューは大きい。

(それとは関係なく、フジテレビ系「めざましテレビ」で5:45頃、久保王将誕生のニュースを報じていた)

羽生三冠は今年に入ってから12勝4敗と好調なので(4敗はすべて王将戦の負け)、捲土重来を期待したい。

タイトルとURLをコピーしました