相手のミスを突いて攻める習性

将棋マガジン1995年10月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

☆体重

福崎八段「鹿野さん、体重なんぼ?」

タマ「エッ!? それはその・・・・・・」

阿部六段「女の人ってだいたい50kgはないでしょう」

タマ「ズキッ。平藤さんより、ちょっと重い位」

平藤四段「僕、○○kg」

タマ「ゲッ、そこでバラすかあ」

福崎「へえ、平藤君の方が軽いの?へえ~。そんなに見えへんけど」

タマ「最近、太ったんです」

平藤「だから、見えへん部分がきっと太ってるんでしょう」

阿部「そういえば鹿野さん、脚太いなあ」

タマ「え~い。黙って聞いとったらなんちゅう事、言うてくれんねん」

☆体重Ⅱ(テニスの時)

矢倉四段「僕、短パンじゃないんですけど、暑いですかね」

タマ「暑いけど、サウナ効果で、脚がやせれるかも」

矢倉「別にやせたくないですけど」

今泉三段「矢倉君、別に、カイジュウはタルイんやから、やせんでもいいでしょう」

タマ「エ~、カイジュウがタルイってぇ」

今泉「あ、いや、その・・・・・・」

矢倉「そら、怪獣はタルイわ、な」

今泉「ええ、ええ、私が言いまちがいました。私が悪かったですぅ」

 将棋指しって、相手のミスを突いて攻める習性があるみたいで、普段でもちょっとした事であげ足を取ってしまう。そしてそれが厳しいし、うまい。

—–

福崎文吾九段と阿部隆八段は兄弟弟子。この二人が揃うと、大盤解説などでも爆笑の解説になるという。

たしかに、ボケ役とツッコミ役の役割分担が自然とできているからだろう。

—–

湯川博士さんは江戸っ子なので表紙(ひょうし)を”しょうひ”と発音することがある。

しかし、他の江戸っ子ではまだ確かめていないので、これが江戸っ子から来るものなのかどうなのかはわからない。

棋士室の財布

将棋マガジン1995年10月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

☆財布(棋士室にて)

タマ「あれ、こんなところに財布が落ちてる。もらっとこかな」

奨励会員「それは、多分置いてるんやと思いますよ」

タマ「そう? どれどれ、お、結構ぶ厚い、誰のかな?」

神崎六段「隣の人しかありえへんでしょ」

タマ「ん? ああ村山君のか」

村山八段「はあ、まあ」

神崎六段「ぶ厚い財布と言えば亡くなった板谷先生の財布はすごかったですよ。これ位ありましたよ(と言って駒箱を縦に置く)」

タマ「でも鎮君(畠山五段)の財布もすごいよ。レシートに会員証に領収書。で、むっちゃぶ厚い」

(村山八段は東京に引っ越しましたがときどきフラッと大阪に現れます)

—–

1万円札の厚さは約0.1mmという。

そして、駒箱の大きさの一例としては110x110x75(単位mm)。

縦にした駒箱は110mm。財布自体の厚さを20mmとして、札の厚さは90mm。

この場合だと、新札で900万円相当ということになる。

古い札だったとしても400万円は固い。

故・板谷進九段は、将棋盤や駒にも造詣が深かった。

将棋盤を買いに行く直前の財布だとすると、考えられないこともない厚さかもしれない。