棋士の結婚1995

近代将棋1995年6月号、湯川恵子さんの「女の直感」より。

 塚田泰明八段と高群佐知子初段が婚約しましたね。

 二人の仲は3年ほど前から噂には聞いていた。”早指し戦事件”というのがあった。テレビ東京の早指し戦に二人そろって出演する予定があり、たまたまその収録前日に台風が来た・・・と。

 大昔に見た映画「不慮の事故」を思い出す。飛行機が欠航し、乗る予定だった人物それぞれの人生に思いがけない波紋を及ぼす様を描いたオムニバス映画。主演のエリザベステーラーとリチャードバートンは欠航したおかげで危ない夫婦のヨリが戻った、いや離婚したんだったかな。このカップルはまぁ映画より実生活のほうが激しいからどっちでもいい。

 とにかく台風が来た、その日、テレビ東京の担当者に2本の電話があった。

ツカダ「今ハワイに来ているんですが欠航で明日の収録に間に合わない」

 しばらく間を置いてもう1本の電話、

タカムレ「いま沖縄に来ているんですが欠航で明日の収録に間に合わない」

 電話を受けた人は忙しかったのか、「ツカダとタカムレは飛行機欠航で来られない」と報告。えらく言葉を端折ったものだ。で二人の仲がパッと噂になったわけですが、その台風の時ほんとに二人一緒に沖縄に居たんだそうですよ。

 せっかくの秘密工作が無駄になったのはお気の毒ですが、可愛らしい、お似合いのカップルですね。おめでとう!

(中略)

 清水市代女流二冠王も一時、ある棋士と婚約しそうな噂がありましたよ。

 去年レディースオープントーナメントで優勝したそのクイーン就位式の時、師匠の高柳敏夫先生が、「私も気になっていましたので当人を呼んで確認しましたところ、そういうつもりはないと言っておりました。当人の気持ちが決まっているのなら、安心しまして・・・」と、スピーチ。続いて祝詞に立った米長邦雄先生が「女性は結婚するのが最大の幸福だ。相手の男の現在の身分や何やは関係ない。好きな男と一緒になって家庭を育てていくことが幸せなんです」と。

 いろいろに勘繰ることができて面白い就位式だった。そしてある日私が女流名人位戦リーグの彼女の対局を観戦した際、

「今朝の報知新聞の観戦記はよかったですね、よく書いてくださいました」

 と言われた。一瞬なんのことか思い当たらず、帰宅して確認してみたら、彼女の恋の噂に触れたくだり、

『結婚なんてすればいいってもんじゃないから』と書いていた。どうもその一行らしい。当時の彼女の心境に当たっていたのかも知れないが、私がその原稿を書いた時はとっさに自分の亭主の顔など思い浮かべていたんですよね。あはは。

 できれば結婚はしてみる価値があるものだけど、いっぺんしてしまうと簡単にやめることもできない、やっかいなことである。親族が増えたり自分達も歳を取ったりするうちにいやおうなしに夫婦関係が変わって行く。それもまぁ面白いことですが。

つづく

—–

若手棋士の結婚ラッシュは、羽生善治七冠が結婚をした1996年から始まる。

今日の話題はその1年前、1995年のこと。

清水市代女流六段にこのような話があったとは初耳だった。

—–

この頃、湯川博士さんと湯川恵子さんは「言わせてもらえば」(毎日コミュニケーションズ)を執筆中だったと思われる。

(amazonでの内容紹介)

何年夫婦をやっても、考えること、感じることって結構違う。夫の信じられないクセ、妻の理解し難い行動等々―それぞれの目を通して夫婦間に横たわるあらゆるテーマを本音でつづる。

この本は面白い本で、特に女性が真剣に読んでいたような感じがする。

ある棋士の奥様が非常に気に入っていたという話も聞いた。

私が知っている女性も、普段はあまり本を読まないにもかかわらず、この本は熱心に読んでいた。

絶版になったので今ではなかなか手に入れるのが難しい本だが、アカシヤ書店で販売されている。

言わせてもらえば―夫婦の折り返し地点に立ちどまって…
価格:¥ 1,223(税込)
発売日:1995-11

内藤國雄九段インタビュー

今日の12:00からNHKEテレで「新春お好み将棋対局~ドリームマッチ2012 東西巨匠ライバル対決~」が放送される。

<東>米長邦雄永世棋聖と加藤一二三九段

<西>有吉道夫九段と内藤國雄九段

解説は羽生善治NHK杯、 聞き手は高橋和女流三段 司会は吉川精一アナウンサー。

今日は、この番組に出演する内藤國雄九段の昔のインタビューから。

近代将棋1995年7月号、棋士インタビュー「内藤國雄九段 幸せな男」より。

今年から新設の、「升田幸三賞」に内藤九段が選ばれた。内藤九段は升田ファンだったので、この賞がなにより嬉しいという。東京将棋会館で表彰式の前にインタビューが実現した。

—–

 おめでとうございます。第1回の受賞はいかがですか。

「今回はびっくりしました。それにしても第1回は光栄です。もっともコレをはずすともらえないようになる(笑い)。最近、内藤もあまり幸せじゃなさそうだから、やっとこうかと、審査員が思ったんじゃないですか(笑い)」

 にこやかな表情で、軽い語り口。いつもの内藤節が心地よくこちらの胸へ響いてくる。ところで、受賞対象になった空中戦ですが、きっかけは?

「当時勢いをつけて昇ってきた、中原さんとの棋聖戦です。第1局を必勝の将棋で落としての第2局です。対局日の2日前に神戸で知人と飲んだのですが、そのとき若松さん(同門・六段)のお兄さんが亡くなったの知ってますかと言われ、ショックを受けた。若松兄弟とは何回も飲んでよく知っている仲ですから、この夜したたかに飲み、次の日は二日酔いで銀波荘(愛知県の対局場)に入った。そうしたら案内された部屋がなんと、WAKAMATUと書いてある。こらあかんと思った。なにか呪われとる(笑い)。せっかく辛いこと忘れようとしたのに」

 そこで考えたのがやったことのない未知の世界だ。後手の横歩取り戦法は一歩損なので良くないというのが常識。プロは誰も指さない戦法だった。中原は矢倉や対振り飛車は得意、とてもこの日の内藤では勝てる気がしない。そこで・・・。

「とっさにやった戦法ですが、これがやってて楽しかった。図の△7四歩が私の自慢の一手です。こんな歩を突くの怖いでしょ、普通は飛車引くところです。右桂を使うためなんですがね」

photo (9)

 この将棋に勝ち、第3、4局も空中戦に誘い、若き太陽中原棋聖からタイトルをもぎ取った。内藤初のタイトル。

「それからプロも空中戦指すようになった。私、升田先生大好きでね、でも指したのは五、六番です」

いつごろからのお付き合い?

「はじめは雲の上の憧れの人でね。声かけてほしくて。でも朝会館で会って、あいさつしても先生プイと横向く。初めは会っても、口きいてくれないんですよ」

どうしてなんでしょう。

「七段までは一人前じゃないということなんでしょうね。一度トイレで隣合って思わずあいさつしたんですが(笑い)、知らん顔。当時七段でしたが勝率1位! それなのに無視する。ところがA級八段になったら『おう』と。やっと口きいてもらって嬉しかったなあ。それからお酒飲みに行くようになった。先生は飲みに行っても威張っててね。一緒にいると怖いものなしという感じでした(笑い)。」でも淋しがりで、茶目っ気もたっぷりあって、しゃべるとそのままそれがいいことばになってる。懐かしいですよ」

(中略)

 森安九段を可愛がっていましたね。

「私、彼が好きでね。死なれると淋しくて。あるとき酒場に行って、私が来たというので歌わそうという雰囲気がある。キャンペーンなんかで回っていると、持ち歌を歌うのは辛いんです。森安君はそれを察知して、さきにマイクを持って、『おゆき』を歌っちゃう。そういう優しさがあるんですよ。彼の酔っ払っている姿を書いた文章で、上等の背広を着て道端に転がってる姿を見るとこの人はそうとう貧しかった少年時代を送った・・・というのがあった。ほんとにそうですが、ひっくるめて彼は好きでしたね」

 森安さんも先生に甘えてた。

「そう。順位戦(B級1組)で私と当たって、大きい勝負でしたが私が負けた。帰りに安酒場へ行って飲んだ。そのとき家を建てるんだが、銀行で貸してくれない保証人になってくれという。今だったら貸してくれるでしょうけどね。しかし、将棋で負かされて、金借りるの手伝わされて、それで勘定払わして、その上酔っ払って車で家まで送らせてね、めちゃめちゃですよ(笑い)。でもその甘えが嬉しくてねえ・・・」

(中略)

 一億円棋士が出て将棋界もだいぶプロらしい世界になりましたね。

「私が大山名人に王位戦挑戦したころ(昭和47年)は自前でマッサージとってチップやって、香焚いてもらったりすると一局の対局料が飛んじゃうくらい安かった(笑い)。ホントですよ。当時物価が安かったと言うがタイトル戦の対局料でテレビ1台分。今はとても恵まれている」

 最近、歌のほうはいかがですか。

「やってますよ。『男の酒場』というのを出しました。これは各社5人が出した競作なんです。レコード印税は全部、震災チャリティーにしてもらいました。なんとか皆さんに頑張ってもらおうと・・・」

 今や人生の円熟の期、さらりとした中にすべての味を含む魅力になってきた。

(以下略)

—-

内藤八段(当時)の空中戦法が現れた1970年代初頭、相掛かりや横歩取り、腰掛銀は斜陽戦法と呼ばれていた。

それが今では相掛かり、横歩取り、角換わり腰掛銀が居飛車の主流戦法になっているわけで、当時と戦法に関する価値観は正反対になっている。

そういう意味でも空中戦法は、横歩取りの分野で時代を変えた戦法と言える。

「画学生と将棋を指す若い夜店商人」の淡い物語

大晦日の夜に読んで、とても印象深かった随筆。

将棋世界1973年3月号、町田進さんの将棋随筆「将棋の駒音」より。

 Kさん(女性)は、画学生だったころ、上野の桜木町のアパートに住んでいて、近くの動物園に通って鷲ばかりスケッチしていた。

 夜になると「ゴッホの書簡」なぞ読んで、夜更かしをするのだが、隣室でも起きている様子で、毎晩のように「パチリパチリ」という金属音ともちがうKさんにいわせれば、「澄んだいい音」が壁ごしにきこえてくる。

 なんの音かKさんにはわからなかった。

 夜明けに眼がさめることがあったが、そんなときにも「パチリパチリ」ときこえてくることがある。 あるとき、美校仲間のHが遊びにきて、美術論かなにかをやって話しこんでいた。

 夜が更けてくると例の「パチリパチリ」がきこえてきた。

「あの音なんなの」とKさんがきく。

「あれかい。将棋の駒音だよ」

とHは将棋を指すまねをして見せた。

 Hの説明によると、テキは相当な腕前であろうということだった。下手な奴の駒音は、にごっていて頭にひびいてやり切れないものだなどともいった。

 Hは将棋を指すらしかったが、Kさんが、「おとなりに挑戦したら」といくらすすめても応じなかった。

 から切り下手だったのかもしれない。

 Kさんは、そのアパートに美校を卒えるまで、かれこれ三年ちかく住みついたが、アパートぐらしの気やすさというか、夜更けにひとりで将棋を指す隣の人とは、顔も知らず、口ひとつきかず終いだった。

 ”下町の人情”などという言葉もあったが一方では”都会の孤独”も立派に通用していた。

 管理人から、きくともなしにきいたところによると、隣の人は、年齢は二十九歳の独身で、職業は浅草に夜店をだしている人ということだった。

 Hと結婚をしんけんに考えはじめた頃、晩春の夕暮だったが、ドアのそとに花鉢がひとつおいてあった。

 電燈の下で見ると、ドイツ種のアザミで、大きな蕾がたくさんついていた。

 だれかがこっそり贈ってくれたにちがいないが、すぐには贈り主はわからなかった。

 その翌日から、将棋の駒音はきこえなくなり、隣りは空室になった。

 隣りの人が、関西方面へ、旅にでたことを知ったのは、三日ほどたってからだった。

 なんでも将棋盤らしい四角いものを入れたリックサックを肩にして、朝早く、アパートの門を出て行ったそうである。

 アザミの花鉢の贈り主は隣りの人だったのか。自分のうかつさをKさんは嘆いた。

「うしろ姿でも一度見ておけばよかった」いつまでもその想いがKさんには残った。

**

 Kさんは、いまたしかに六十歳ちかくなる筈だが、四十五歳ぐらいにしか見えないのはどういうわけだろう。

 いつも結城を着て、それがよく似合うのだが、広い画室の方へはめったに行かずに、せまい四畳半の茶の間で好きな本などを読んでくらしている。

 Kさんは、現在では、四條派の流れをくむ美人画の大家だが、将棋の話が好きで、「将棋はよくわからないけれど、駒音って素敵だわ」などといって来客の意表をつくのである。

 HはKさんと結婚したが十年前にフランスに行った切り帰らない。

「画学生と将棋を指す若い夜店商人」の淡い物語―上野の森に夕がすみがかかってその中空を帰雁の一群が翔んだころの、随分、古い話である。

—–

昭和8年か9年頃の話。

アパートの隣室の男性は、侠客(テキ屋)だったのだろうか。

当時の浅草は東京でもメジャーな繁華街だったので、そこから関西へ商売の場を変えたのは何か深い事情があったのかもしれない。

時代としては相掛かり全盛の時代。南禅寺の決戦 木村義雄���坂田三吉戦が行われる数年前のことだ。

将棋福袋2012

今年も日本将棋連盟から将棋福袋が発売される。

福袋は非常にお得な買い物となるが、その内容を見てみたい。

10,000円福袋

・王将駒(菱湖書、源兵衛清安書のどちらか)

・デジタル対局時計

・将棋グッズ

20,000円福袋

・光花作の彫駒(極上彫)

・卓上ヒバ1寸盤、駒台

・将棋グッズ

新春福袋2万円コース

新春福袋2万円コース
価格:20,000円(税込、送料別)

30,000円福袋

・晴月作の特上彫駒(水無瀬書、源兵衛清安書、巻菱湖書、錦旗書のいずれか。御蔵島産つげ使用)

・ヒバ 卓上2寸盤、専用の駒台。

・将棋グッズ

新春福袋3万円コース

新春福袋3万円コース
価格:30,000円(税込、送料別)

50,000円福袋

・竹風作彫駒または晴月作極上彫駒(錦旗、源兵衛清安等。御蔵島産つげ使用)

・国産榧卓上1寸将棋盤またはヒバ脚付き3寸盤

・将棋グッズ

新春福袋5万円コース

新春福袋5万円コース
価格:50,000円(税込、送料別)

70,000円福袋

・竹風作彫駒(錦旗、菱湖、水無瀬等。御蔵島産つげ使用)

・桐製の箱

・国産榧卓上2寸将棋盤、専用の駒台。

・将棋グッズ

新春福袋7万円コース

新春福袋7万円コース
価格:70,000円(税込、送料別)

100,000円福袋

・竹風作彫埋駒(菱湖書、錦旗、昇龍書、鵞堂書等。御蔵島産つげ使用)

・駒箱(木地はいろいろ)

・ 国産榧卓上2寸将棋盤、榧の駒台

・将棋グッズ

新春福袋10万円コース

新春福袋10万円コース
価格:100,000円(税込、送料別)

150,000円福袋

・竹風作彫埋駒(宗歩好、菱湖、水無瀬等。御蔵島産つげ使用)

・駒箱(木地はいろいろ)

・国産榧卓上2寸将棋盤(5万円コースのものよりも、ワンランク上の木地)、榧の駒台

・将棋グッズ

新春福袋15万円コース

新春福袋15万円コース
価格:150,000円(税込、送料別)

300,000円福袋

・江陽作彫埋駒(宗歩好、王義之書。御蔵島産つげ使用)

・桐製平箱と通常の駒箱(木地はいろいろ)

・国産榧足付き将棋盤(木表5寸8分盤が一例)

・榧の一本足駒台と桐製覆い

・将棋グッズ

新春福袋30万円コース

新春福袋30万円コース
価格:300,000円(税込、送料別)

500,000円福袋

・竹風作彫埋駒(錦旗書、菱湖書〔杢〕、錦旗書〔杢〕。御蔵島産つげ使用。虎斑)

・桐製平箱と通常の駒箱(木地はいろいろ)

・国産榧足付き将棋盤(木裏6寸4分盤、30万円コースよりグレードの高い材を使用)

・桑4本足駒台と桐製覆い

・将棋グッズ

新春福袋50万円コース

新春福袋50万円コース
価格:500,000円(税込、送料別)

1,000,000円福袋

・盛上駒(竹風作、掬水作、秀峰作、淘水作。御蔵島産つげ使用。孔雀杢)

・桐製平箱と高級駒箱(木地はいろいろ)

・国産榧足付き将棋盤(天地柾6寸7分盤)

・桑4本足駒台と桐製覆い

・将棋グッズ

新春福袋100万円コース

新春福袋100万円コース
価格:1,000,000円(税込、送料別)

2012年将棋ペンクラブ年間スケジュール

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

元旦の今日は、将棋ペンクラブの今年の予定をお知らせ致します(それぞれの予定は1~2週間ほど変更になる場合があります)。

  • 1/28(土) 新年会(会長、幹事、最終選考委員など)

  • 3/17(土) 会報(春号)発送

  • 5月連休中 関西交流会

  • 5/19(土) 将棋ペンクラブ大賞一次選考会

  • 5/26(土) 関東交流会

  • 6/23(土) 将棋ペンクラブ大賞二次選考会および会報(夏号)発送

  • 7/21(土) 将棋ペンクラブ大賞最終選考会

  • 9/8(土) 会報(秋号)発送

  • 9/21(金) 将棋ペンクラブ大賞贈呈式

  • 12/8(土) 会報(冬号)発送