似ていない二人

今日のNHK杯将棋トーナメントは、準々決勝、木村一基八段-畠山鎮七段戦が放送される。

畠山鎮七段は畠山成幸七段と双子の兄弟で、鎮七段が弟で成幸七段が兄。

今日は、この兄弟について迫ってみたい。

近代将棋1997年7月号付録、「初めての棋戦優勝シリーズ 村山聖五段初優勝編」、故・池崎和記さんの1989年の第13回若獅子戦1回戦(畠山成幸四段-藤原直哉四段戦)の観戦記「最低一回はチャンスが」より。

 畠山は森安(正)五段門下の二十歳。昨年八月、双子の弟、鎮と一緒に四段になった。双子棋士は他にはいない。兄弟棋士の同時昇段の前例もない。だから、「奇跡的な快挙」と大騒ぎになった。

 成幸が奨励会に入ったのは昭和五十八年、中学二年のときだ(弟は翌年入会)。同期に村山(現五段)がいる。

 双子といっても、兄弟はウリ二つというわけではない。よく見ればあまり似てないし、性格も考え方も違う。そのうえ名前にも共通性がない。

「鎮はやんちゃ坊主で、思っていることを表に出します。成幸は自分で抑えるところがあって、何かあっても表面には出しませんね」と母親の阿紀子さん。

「でも、シンはどちらも強いです。成幸はおとなしそうに見えるけど、本当はきついんです。名前はわざとバラバラにしました。双子ということで二人が互いに頼り合っては困る。いずれ一個ずつの人間になるのだからと思いまして」

 兄弟自身、小さいころから一緒に出歩くということはなかった。周囲からジロジロ見られるのが嫌だったからだ。

 兄は中学卒業後、奨励会に専念。弟は高校へ行き、学生生活をエンジョイしながら奨励会へ通った。兄は「高校へ行かなくてよかった」と思い、弟は「高校へ行ってよかった」と思っている。

 双子でも育った環境が違うのだ。だから、二人が似ていないのは当然と言えるかもしれない。どれだけ似てないか―参考までに二人のパーソナル・データを別表に掲げる。

身長 

成幸  174cm     

鎮    173cm

体重

成幸  54kg

鎮    60kg

成幸 色が白い、メガネ使用 

鎮   日焼けしている、コンタクトレンズ

音楽

成幸 ニューミュージック、サザン、ユーミン、ANRI

鎮   ロック、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーン、ユーロ・ビート

読書

成幸 歴史物、ジェフリー・アーチャー、シドニー・シェルダン      

鎮   読まない、雑誌(メンズノンノ、FMステーション)

成幸 少し      

鎮   少し

タバコ

成幸 やらない      

鎮   少し

テレビ

成幸 見ない      

鎮   見ない

スポーツ

成幸 テニス      

鎮   野球

好きなタレント

成幸 有森也実      

鎮   南果歩  

ガールフレンド

成幸 スポーツクラブに少し      

鎮   募集中

目標の棋士

成幸 中原誠      

鎮   谷川浩司

好きな将棋

成幸 中原将棋(バランスがとれ、負けにくい)      

鎮   福崎将棋

—–

たしかに、二人の音楽の趣味と読書の傾向は全く異なっている。

しかし、好きなタレントである有森也実さんと南果歩さんは、タイプこそ違え、同じタヌキ・少年型の顔に分類されるので、好みのタイプは同じ象限に入るのかもしれない。

(ご参考:好みの四分類

—–

有森也実さんは、一度だけ近くで見たことがある。

心が溶けそうになるほど美しかった。

—–

畠山鎮七段は俳優の故・古尾谷雅人さんに顔が似ていると思う。

古尾谷雅人さんといえば、私の中では「北の国から」のダンプの運転手役を思い出す。

「北の国から」屈指の名場面、泥の付いた一万円札。誰もが泣ける。

泥の付いた一万円札(Youtube)

—–

2008年の将棋年鑑で、羽生善治二冠は一番好きな映画は「ショーシャンクの空に」と答えているが、畠山鎮七段はこの映画の主人公であるティム・ロビンスにも顔が少し似ている。

ショーシャンクの空に 日本版予告編(Youtube)

—–

畠山成幸七段が古尾谷雅人さんやティム・ロビンスに似ているかというと、そうでもなくなる。

古尾谷雅人さんとティム・ロビンスが似ているかというと、やはりそうでもない。

この辺が、非常に微妙なところだ。

「似ていない二人」への2件のフィードバック

  1.  「ショーシャンクの空に」は見よう見ようと思っているうちにすっかり忘れちゃっていました。ペンクラブログの書き込みを見て、あーっそうだったあと思い出しまして、おっ家内にビデオ屋さんから借りてきてもらい、今さっき見ました。
     とてもよかったです。
     確かに、映画の主人公、鎮流によく似てますね。

  2. きたろうさん
    「ショーシャンクの空に」はいい映画ですね。
    全然傾向は違いますが、「フロムダスクティルドーン」も面白い映画です。
    解説を読まずに見てみてください。

コメントを残す