村山聖五段(当時)の四角いジャングル(後編)

将棋マガジン1991年7月号、泉正樹六段(当時)の「囲いの崩し方」より。

☆続編、順位戦後の麻雀地獄!

 開始から5時間程経過。この時点で、聖君プラス7△円、パパ(野本先生)マイナス2△円、泉マイナス5△円という状況。

 そんな時(午後1時頃)聖君が予想だにしなかった、雀友が馳せ参じた。それは、ジュリーと五郎を+して2で割ったみたいな、いい男(僕の兄弟子、飯野六段)。

 兄弟子の登場を心待ちにしていた私。実はこんな苦戦の展開もあろうかと、朝8時にトイレに行くふりをして電話しておいたんだよ~ん。

 そしたら兄弟子、「おうマサキ解った。俺が襲いに行くまで、辛抱強くまってなチャイ」だって。

 兄弟子とバトン・タッチした私は、お金を取りに行くといって(追い出されたフシもある)3、4時間お家に帰って、グッ・スリープ。

 夕刻に戻ると、なんと、あれだけ好調だった聖君の勢いがおとろえ始めているではありませんか。

 はた目には一進一退の攻防戦だが、時たま、「おかしい、こんなはずじゃ」と首をひねる聖君の姿が鮮明に映し出されている。

 そうなのだ。ウチの兄弟子と打つと、まるで読みがトンチンカンになるのだ。「強きをくじき、弱きを助く」こんな表現が、ドン・ピシャなのが、我らが雀ヒーロー兄弟子だい!

 パパも兄弟子の登場で、秘技岩石(アンコ)落としが、ようやく功を奏する様になってきた。

 歯をくいしばる肉丸君、「あの~カツドンとオレンジ・ジュースをください」なんて注文しているから、やる気は未だおとろえをしらない。

 聖、復活の烽火を上げたい親番。7巡目にして、ホンイチ・白・ドラダラケの怒りのリーチ。持ち牌は東と中で、山に4枚もねむっている。

 必勝かと思っていたら、パパ、兄弟子から相次ぐ追っかけリーチ。

 それに対して、一発でつかんだのが4枚目の七筒で、なんと、パパのカンチャンと兄弟子のペンチャンにお見事一発放銃! 聖「よ、よ、弱い」と一言。ツキに見離され出すと、悪い事は得てしてかさなるもの。やがて、聖君の勝負感が増々よろめく事態がやってきた。

 やって来たのは、関東名物「雄叫び族」。植山五段、中田功五段、連盟職員のK氏というメンバー。おっと、唯一おとなしいA氏もいたっけ。

 なにしろ、そのうるささといったら、雀荘が揺すられる程。ロンの度にいちいち立ち上がり、「い・い・一発!!……」なんて、わめいている。初体験の聖君は頭を抱え「早く、動物園の飼育係でも呼んでよ」と思っていたら、幸いに、自動卓が故障して、雄叫び族は”おんも”へ放り出されてしまいました(A氏談)

 戦況の方は完全に兄弟子ペース。

 技術的には一番劣るはずなのに、おかちィ。午後11時頃には、「後はマサキにまかせた」なんてカッコ良く、健全END。

 残された戦の軌跡。さすがに、睡眠をとった私の優勢。パパはやや不利。聖君は苦戦という展開で、終わってみれば、兄弟子と、絶対負けない人(雀荘)の二人勝ち。

 麻雀なんて結局、あまり欲のない所に落ちつくものなのかも?

 そんな訳で、朝8時から始めた死闘も30時間たった次の日の昼過ぎにようやく終了。

 さすがの聖君も疲れた様子。と思っていたら、ブツブツ訳の解らない事を言っている。良く聞いてみると、「ハア、しんどいスけど、あと10回ぐらい打てれば大丈夫なんですけど……」だって、あービックリした。

—–

元・近代将棋編集長で、当時は将棋世界編集部の中野隆義さんから、昨日の記事にコメントをいただいた。

 村山流とは、一緒にお酒を少しとマージャンを少し以上したことがありました。危険ハイをブンと場に打ちつけると同時に顔が45度くらいかしがるのがクセで、最初のうちはかわゆいクセだなとのほほんと思っていましたが、そのハイを通してしまうとしばらくしてロンと言われ今度はこちらの首が90度くらいひん曲がってしまうことになるので、村山流の首がグイとかしがってくると、ひえーっと心の中で最大級の警戒警報を打ち鳴らしたものです。
誰にでも命の持ち時間というのはあるのだけれど、それを意識しないで生きている時間のほうが誰しも長いものです。村山流と一緒にいると、ああ、村山にもあるけれど、俺にも、いや誰にだって持ち時間はあるんだよなと思うのでした。
野本流呼び出し事件の原稿を当時見たとき、なして俺に電話してくんなかったのだろう、夜中だろうがなんだろうがすっ飛んでいくのにと、不満半分不思議半分思ったのですが、今にして思えば、「一般人のおいちゃんを呼んで大怪我させちゃ可愛そうだ」と泉流は思ったのでしょう。
丸田流は、マージャンを一晩打つと7~8割のハイの背中を覚えたそうです。「全部覚えようとすれば覚えられるのだけれど、そんなことしてもしょうがないからしないんだよ」と仰るんで、は??? という顔をしましたら、「覚えようとして覚えてるんじゃなくて、やってると自然にそのくらい覚えちゃううんだよ。自然に覚えちゃうもんはしょうがないだろ」と、聞かされて、鈴木輝彦流ではありませんが、めまいがしたものです。ただ、覚えていれば必勝かというと、そうでもない場合も多く、ヒラで打っても強い者がある程度のハイの背中を覚えていると有利になることがままあるということのようです。
丸田流とも何回か打ったことがありますが、とにかく場にきついハイがほとんど出てこない・・・・んで、あれっいつも降りているのかな? という感じです。ときどき、強いハイが一つ二つ出てきたかと思うと、それは村山流が首をかしがらせたあとに起こることがドーンと起こっちゃうのでありました。おー、こわ。

昔、中野さんの家へ朝の7時頃、故・小池重明氏から麻雀の誘いの電話があったことがあるという。

面子が違えど、やはり同じような背景があったのだろう。

—–

私が麻雀を覚えたのは大学1年の時だった。

阿佐田哲也「麻雀入門」のような本も買って読んでみた。

技術書に近いものだったが、麻雀のアマ初段クラスになるまでには、遊びや勉強の時間を削らなければならないなと感じた。

将棋をやっていたから良かったというか、将棋の初段クラスになるまでに、どれほどの勉強量と犠牲が必要かを肌で知っていたので、麻雀にのめりこむことはなかった。

大学時代は付き合い程度、社会人になってからはもっと回数が減った。

—–

ところで、30時間の麻雀。これは順位戦の翌日の朝8時が起点となっている。

村山聖五段はその前が順位戦→焼肉→麻雀だったので最低でも54時間以上起きていたことになる。

ものすごい集中力だ。

—–

泉正樹七段は、叫び声に関して、関東雄叫び族とは一線を画していたようだ。

この頃はまだ、野獣流の「ガオーッ」という雄叫びをあげていない時代だったのかもしれない。

泉七段の「ガオーッ」がいつ頃から始まったのか、今後の研究テーマとしてみたい。

「村山聖五段(当時)の四角いジャングル(後編)」への6件のフィードバック

  1. >ロンの度にいちいち立ち上がり、「い・い・一発!!……」なんて、わめいている。初体験の聖君は頭を抱え「早く、動物園の飼育係でも呼んでよ」と思っていたら、幸いに、自動卓が故障して、雄叫び族は”おんも”へ放り出されてしまいました(A氏談)
     何を隠そう、役満やえらく高い手を上がったときに立ち上がるのは、私めがやり始めたことでして、それが次第に上がるたんびに立ち上がる人が出現するようになっていったのでした。
     さらに、何を隠そう、リーチをかけて一発で出あがったときに「い、い、いっぱあつ」とわめくのも、私めがやり始めた技であります。わめくときに、両手のひらを口の横に持ってきて山で「ヤッホー」をする格好を作るのが正調です。
     その頃は、思うところありまして、配パイのときには俺にいい手が入れだとか、打っている最中は欲しいハイをツモってこいなどなど、場に強い念を送って打っていましたもので、自動卓がよく故障を起こしました。
     さ、さらに何を隠そう。あ、いえ、あまり自らのアホさ加減を言いまくっちゃうのも何ですね、さすがに恥ずかしくなってまいります。
     
     重明さんとは何回か打ったことがあります。ある夜も更けたころ、あれはリスボンでだったと思いますが、「誰かあと一人いるとマージャンできるね」と重明さんに囁かれたときは、数時間の酒の酔いがいっぺんに醒めちゃったものでありました。深夜ながら脈のありそうなところ数人に電話しましたところ「おーっ。どこに行けばいいの」「はい。新宿です」「ところでもう一人は誰なの」「じゅーめーさんです」「あ、お、おれ、明日早くから仕事なんだわ」てな会話を四回くらい繰り返しまして、重明さんに「どうも、どこにかけても同じ手順の繰り返しですよお。こりゃあ今夜は千日手無勝負、明日また指し直しですねえ」と言いましたら。「みんな遊んでくんないんだ。冷てーなあ」と半分ふてくされながら寂しく納得していました。
    あのときばかりは、俺にお金がもう少しあったらなあ、と心底思ったものです。
     

  2. きたろうさん
    元祖雄叫び族だったんですね。すごいです。

  3.  テレビ東京で早指し選手権戦の司会進行を務めていた島田アナウンサーも大のマージャン好きでして、月に一度の東京将棋記者会例会のときには読売の山田さんと二人で、あと二人を探しまわっていました。私めにもちょくちょく声をかけて下さりまして、そのときは余ほどの用事がない限りホイホイと面子に加えていただいたものです。島田さんと初めて打ったときに受けた衝撃は今でもよく覚えています。
     リーチをかけた島田さんが一発目のツモハイを見るや、「いっぱあーつっ」と叫んだのでした。あれっ、俺とおんなじだあ、と、普段は紳士然としている島田さんが発した歓喜の叫びに痛く感動いたしました。
     一発にかける思いが強い人は、一発で上がる率が自然に高くなります。あるとき島田さんの一発を警戒した私めが、島田さんのリーチ直後にチーを入れて一発を消しましたら、島田さんは子供がものすごく大事にしているものを取られてしまったようなとても悲しい顔をして「あーー」とこれまた深い悲しみの声を出したのです。島田さんの声は、俺、これが楽しみなんだからさ、一発消さないでよ頼むから、と言っているかのようでした。その後、私めは、島田さんがリーチをかけたときは、島田さんが無事に一発目のツモをするまでポン・チーを入れないようにしていたのですが、私めが一発期待の多面ちゃんでリーチをぶっかけたときに、島田さんが「なんだか一発でツモリそうな気配がするから・・・ここはひとつ鳴いておこう」と言ってチーをしたのには、正直、ひどいですよーと思いつつも、す、鋭い、と感じたものです。

  4. きたろうさん
    新聞社、広告会社などの業界では、半荘ではなく東場だけというルールが多いようですが、将棋関係者であるテレビ人、新聞人の麻雀はどのようなルールなのか興味深いところです。

  5.  東京将棋記者会のマージャン好きの皆さんは、おおむね、なきたん・リーチ・一発・裏ドラありの東南戦四人マージャンでやってましたです。もっともポピュラーなルールですね。これは多分、新聞社の方々が将棋担当であることで、事件記者のように夜討ち朝駆けをすることがないですから、一般人のようにマージャンを打つぞという体制になったら急な時間に追われずに打てる、ということと思われます。
     事件記者やカメラマンのマージャンルールは、何かあったらすぐに飛び出さないとなりませんから、いつでも即止められるように、東風戦どころか、誰かが上がるたびに上がった点数に見合ったキャッシュのやり取りをする、んだそうです。

  6. きたろうさん
    なるほど、将棋関係マスコミルールはオーソドックスなのですね。
    個人的に、一度アルシャール麻雀をやってみたいと思っています。

コメントを残す