羽生善治棋王(当時)「ちょっと自分の感覚に疑問(?)を持ったりしました」

将棋マガジン1992年1月号、「羽生善治の次の一手&詰将棋&クイズ」より。

 最近、「オーメン4」という映画を見ました。

 映画はジャンルを問わないのですが、グロテスクなのは苦手なので、オカルト映画はあまり見たことがありません。その時も期待していなかったのですが、ストーリー的に大変面白いなと思いました。

 早速、まだ見ていない1~3をレンタルビデオショップで探したところ、家の近くの店には全然置いてありません。

 この映画、あまり人気がないようなので、ちょっと自分の感覚に疑問(?)を持ったりしました。

—–

オーメン1は、1976年に封切られた映画で、6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。 「666」は新約聖書のヨハネの黙示録において“獣の数字”とされる。

オーメン1は大ヒット。

オーメン2もヒット。

オーメン3は興行的に失敗。

オーメンは当初から3部作として予定されていたという。

そして、オーメン4は、元々はテレビドラマとして制作された作品だが、日本では劇場公開された。

そういう意味で、オーメン4は、1~3までとはかなりイメージが異なる作品になっているという評価になっている。

ネットで調べても、オーメン4は、”オーメン”ファンから酷評を受けている。

羽生二冠が1~3を見たとしても、楽しめなかったのではないだろうか。

—–

私は怖い映画が大好きだったので、オーメン1だけはリアルタイムで見ている。

しかし感想は、つまらなかったの一言。

上映中のほとんどの時間、寝ていた。

オカルト映画なのに理屈が多すぎるのが、個人的に気に入らなかった理由だ。

翌年に公開された大ヒットした「サスペリア」は、オーメンとは正反対の理屈抜きの作品。

私の中では非常に評価が高い。

怖い映画は、理屈など無視して、ジェットコースター的に楽しませてくれればいい。

—–

オーメン4を私は見ていないが、オーメン1~3と傾向が違うわけで、贔屓の引き倒しではないが、羽生二冠の感覚は正しかったのだと思う。

—–

オーメン [Blu-ray]オーメン [Blu-ray]
価格:¥ 2,500(税込)
発売日:2010-07-02
オーメン2/ダミアン [Blu-ray]オーメン2/ダミアン [Blu-ray]
価格:¥ 2,500(税込)
発売日:2010-07-02
オーメン4 [DVD]オーメン4 [DVD]
価格:¥ 1,490(税込)
発売日:2008-10-10
サスペリア [DVD]サスペリア [DVD]
価格:¥ 3,990(税込)
発売日:1998-10-25

「羽生善治棋王(当時)「ちょっと自分の感覚に疑問(?)を持ったりしました」」への2件のフィードバック

  1.  オーメンは、前宣伝からしてとても怖そうなので、敬遠気味にしていたのですが、何かのおりにとうとう1を見て、思っていたとおり、おっかないーーと思いました。こうした類の映画はあまり好きにはなれそうにない私めでありますが、なぜか、666の数字だけは好感持ちまして、下駄箱の番号なんかがあると、まあ666はなかなかないにしても66が空いていると、よしよしとそこに入れています。
     こういう私めの感覚は、やはり変なのかなとときどき思ったりします。
     そうそう、一度、たまーにやるパチンコで、666と揃いそうになったとき
    、おもわず「ようおーし、ぬふふふふふふ」と腹の底から搾り出すように笑って喜んでおりましたら、隣で打っていた方が急に球をガサガサと受け皿から取り去り逃げるようにどこかへと行ってしまわれたことがありました。

  2. きたろうさん
    「10分くらい時間をつぶそう」という時にパチンコは出てしまうものですね。待ち合わせ時間2分前に大当たりということが何度かありました。出るのはそういう時だけ・・・

コメントを残す