爆笑の対局室

将棋世界1990年12月号、奥山紅樹さんの第21回新人王戦第1局〔森下卓六段-大野八一雄五段〕観戦記「森下、上四方固めの完勝」より。

 対局室・盤側―。

 それはリングサイドであり、ネット裏でもある。すもうの向こう正面である。

 選手の息づかい、かけ引き、忍耐、手の殺し合い、強打の応酬、ファインプレー、がぶり寄り。その他もろもろが目のあたりに見られる特等席だ。

 終日、そこに身を置くことが出来るのは記録係と観戦記者の特権である。大勝負に立ち向かう選手の緊張、執念、自信そして動揺。盤上にヨミふける忘我の表情に、駒台を見るつかの間のしぐさに、棋士のホンネがあらわれ、また巧妙に隠される。

 思わぬハプニングもある。

 1図から▲6九玉△6二玉と二手指されたところで、対局室にふらり石田和雄八段が現れた。

3 (1)

 記録机からちらりと盤上を見て「ん?」。大陸を発見した探検家のような目になった。

 「オッ・・・・・・ぼくの将棋だ、これは」

 石田流ですね、と水を向けると

 「そう。桐山、西川、森下と三連勝・・・不滅の新戦法か。アッハッハッハ」

 からからと打ち笑う声のほがらかさに森下・大野両対局者の緊張がとけた。

 「大野先生にマネされるとは・・・まあマネされるようなら立派なものか」

 と石田プロ。

 研究熱心な読者なら、1図を見てピンとこられよう。後手「矢倉中飛車もあるぞ」と見せながら、ここから△6二玉~△7二玉~△6二金と右玉にかまえる。さる9月16日に放映されたNHK杯戦で、石田八段が見せた矢倉新戦法である。

 この時の相手は、いま目の前にいる森下卓六段。128手で石田プロの快勝譜となった。

 「そう、あれを見て採用する気になりました」

 大野八一雄五段の率直な調子に、森下卓六段が酸っぱい表情になった。

 「そうでしょう、ハッハッハ・・・カウンターねらいでね」

 つぶやく石田八段に大野が一声―。

 「相手もカウンターパンチをねらっている時は、どう指したらいいのかなあ」

 「その時は、まずジャブを出して、相手が負けじとパンチをくり出したところでピシッとカウンターを一発・・・まあ、あとで教えてあげます」

 対局室に爆笑のうずが巻く。森下卓六段が、閉じた扇子をすばやく手の中で回しながらクックッと笑っている。

(以下略)

—–

石田和雄九段が話すから、面白さや可笑しさが増幅される。

石田九段の会話ではボヤキが最も大きな特徴だが、真摯かつ自信溢れる自慢話も芸術的な冴えを見せる。

自慢だけれども、石田九段が話すので嫌味にならず、ユーモラスな語りとなる。

そういう意味では、加藤一二三九段の自慢話も同じ雰囲気を持っている。

—–

石田和雄九段と加藤一二三九段が揃うと、それぞれの面白さを引き出し合うような関係となる。

石田和雄九段とぼやき

加藤一二三九段とチョコレートなど

加藤一二三九段と石田和雄九段

石田和雄九段と加藤一二三九段による大盤解説会を、ぜひ実現してほしいものだ。

—–

今日から行われる王位戦第1局の立会人は石田和雄九段。

ネット中継で、どのような話が飛び出すか、楽しみだ。

タイトルとURLをコピーしました