2016-08-10

読む

先崎学六段(当時)「無神論者の僕だが、あの状態で、あれだけの将棋を指す奴を、将棋の神様が見捨てる訳がない。本心からそう思えてならなかった」

将棋世界1997年9月号、先崎学六段(当時)の「先崎学の気楽にいこう」より。  大阪で偶然に、村山-丸山の順位戦を観る機会に恵まれた。  村山聖は、王将リーグで羽生と戦った頃の村山に、あるいは終盤は村山に訊けといわれた頃の村山に戻れ...
タイトルとURLをコピーしました