第57期王位戦第5局対局場「渭水苑」

羽生善治王位に木村一基八段が挑戦する王位戦、第5局は徳島市の「渭水苑」で行われる。→中継

渭水苑」は結婚式場のある料亭で、当初は1977年に16億円の費用で建てられた邸宅だった。

[渭水苑のランチメニュー]

渭水苑の料理は本格懐石料理。

例えば、徳島の食材だけを使った「徳島づくし」
5,400円 (サービス料別)は以下のような献立となっている。

菜の花辛子和え
伊谷蕎麦米汁
鳴門鯛薄造り
阿波尾鶏のスープ仕立て鍋
足赤海老の源平焼き
山菜天婦羅
ぼうぜの酢締め
菜飯
五種盛り合わせ
赤出汁
鳴門金時を使ったデザート など

[渭水苑の昼食実績]

渭水苑での昼食実績は次の通り。(将棋棋士の食事とおやつによる)

2015年王位戦

羽生善治王位 ◯
一日目 阿波尾鶏の親子丼
二日目 松花堂弁当

広瀬章人八段 ●
一日目 阿波尾鶏の親子丼
二日目 ざるうどん

2014年王位戦

羽生善治王位 ◯
一日目 冷やしうどん
二日目 松花堂弁当

木村一基八段 ●
一日目 親子丼
二日目 松花堂弁当

2013年王位戦

羽生善治王位 ◯
一日目 松花堂弁当
二日目 親子丼

行方尚史八段 ●
一日目 親子丼
二日目 親子丼

2012年王位戦

羽生善治王位 ◯
一日目 冷やしうどん
二日目 松花堂弁当

藤井猛九段 ●
一日目 冷やしうどん大盛り
二日目 冷やしうどん・鯛めし

2011年王位戦

広瀬章人王位 ◯
一日目 親子丼
二日目 刺身御膳

羽生善治二冠 ●
一日目 親子丼
二日目 松花堂弁当

2010年王位戦

深浦康市王位 ●
一日目 松花堂弁当
二日目 冷やしうどん、おにぎり(梅)

広瀬章人六段 ◯
一日目 天ぷらうどん、おにぎり3個
二日目 親子丼

 [昼食予想]

羽生善治王位は2011年以来、親子丼と冷やしうどんを交互に頼んでおり、今年は冷やしうどんの年。

木村一基八段は鶏の唐揚げが大好物だが、やはり一昨年と同様、親子丼が採用されると予想したい。

羽生善治王位
一日目 冷やしうどん
二日目 松花堂弁当

木村一基八段
一日目 阿波尾鶏の親子丼
二日目 松花堂弁当

 

 

木村一基五段(当時)「本当に見ていて嫌になりますよ」

将棋世界2000年1月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。

 屋敷七段対木村五段戦も好取組。しばらく見ていたが、当然のごとく動かない。で、老人席に移って一服つけていると、真田六段がとなりに坐った。私が「屋敷君も変わっているね。棋士総会のときは、ツルツル坊主だったのに今は茶髪だ。よく伸びるもんだね」と、くだらぬ話をしていると、木村君が通りかかり「本当に見ていて嫌になりますよ。失ったら元に戻らぬ人もいるのにね」と苦笑し、頭に手をやって対局室に戻って行った。

——–

この日は順位戦(C級1組)の日。

このようなことがあったからかどうか、この対局では木村一基五段(当時)が屋敷伸之七段(当時)に敗れている。

——–

茶髪の屋敷七段。

屋敷七段が坊主頭から茶髪にした最も大きな理由は、その後奥様となる順子さんと出会ったからだと考えられる。

屋敷七段はこの期の順位戦で出だし3連敗だったが、その後7連勝している。

奥様と知り合ったのが夏頃なので、それ以来、順位戦で連勝街道を続けたことになる。

河口俊彦六段(当時)「屋敷君は頭をツルツルに剃って現れた」